360度の全天球カメラでパノラマ写真を撮影。VRで楽しもう!

バーチャルリアリティという言葉をネットや雑誌、テレビなどでよく見かけるようになりました。
バーチャルリアリティ。略してVR。

PlayStation VR

PlayStation VR

現在、バーチャルリアリティではこのようなヘッドギアをつけて仮想空間を疑似体験することができます。

バーチャルリアリティは、ゲームや動画などに活用されいて、10月発売されるplaystaion VRなどがネットや雑誌で話題になっています。

PlayStation VRの詳細はコチラ。

バーチャルリアリティとは?

バーチャルリアリティは日本語で「仮想現実」「人工現実感」と訳されます。
 
3D映像と3Dオーディオの技術を連動させて、あたかも本当にそこに存在するような空間を作り出し、臨場感を体感させてくれるのがバーチャルリアリティです。通称はVRと略されます。
 
vr1
 
そんなバーチャルリアリティ、VRとともに今話題になっているのが、
「360度全天球カメラ」というカメラです。

 「360度全天球カメラ」とは?

「 360度全天球カメラ」は上下左右全方位の360度のパノラマ写真が撮れるカメラです。
360度全天球カメラは、個人のレベルでバーチャルリアリティ用の映像コンテンツを制作できるので、VR製品の価格が普及価格帯になり多数のヘッドセットが市場に出回るようになった現在、VRと同様に注目を集めているのです。
RICOH THETA S 360°全天球カメラ

RICOH THETA S 360°全天球カメラ

3年前にはリコーの360度全天球カメラ「THETA」が発売されています。

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラの詳細はコチラ

 

バーチャルリアリティのコンテンツを作るのに360度全天球カメラは必要であり、 VRの技術進化を支えるのが360度全天球カメラといっても過言ではない関係です。
 
 
4K品質の撮影が可能な高性能カメラや、価格の設定が低めのカメラも発売されています。
スマホや専用の端末機器に転送して、VR視聴できるカメラや、iphoneやスマートフォンに装着してモニターを見ながら撮影できるカメラもあります。

VRコンテンツを製作できる360度全天球カメラ

それでは、VRコンテンツを自作できる360度全天球カメラを紹介していきます。

Galaxy 全天球カメラ Gear 360

Galaxy 全天球カメラ Gear 360

Galaxy 全天球カメラ Gear 360

4K対応の映像が360度のパノラマで撮影できる全天球カメラです

専用のアプリ「Gear 360 Manager」があり、撮影した映像は簡単に編集できます。スマートフォンなどに転送できてVR視聴ができます。

1500万画素の高精細カメラが2つ搭載されていて、片方で180度、2つで360度の動画、静止画を撮影できます。

Galaxy 全天球カメラ Gear 360

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ

iPhoneのLightning端子に本体を装着。モニター画面を見ながら撮影できる全天球360度カメラです。

wi-fiやBluetoothなどの転送設定は特に必要なく、撮影した画像、映像はそのまま簡単に取り込むことができます。

大容量のmicroSDカードが使用できるので、iPhoneのストレージを圧迫することはありません。

画質は3Kと4Kと比べるとスペックは劣りますが、気にならず高画質で綺麗です。

INSTA360 Nano 360°全天球パノラマ式カメラ の詳細はコチラ

まとめ

バーチャルリアリティ。VRの画像、映像の製作に不可欠な「360度全天球カメラ」。

VRが進化していくとともにカメラの性能も上がっていくことは間違いないですね。

今後はスマホやiPhone、タブレット端末にも標準で装備されると思います。映像コンテンツの楽しみ方も変わっていきます。楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です