ロボット掃除機ブラーバ。拭き掃除の新発想


現在、ロボット掃除機の市場で話題となっている、雑巾がけロボット掃除機「ブラーバ」。

乾拭き、水拭きの両方に対応して、小さなホコリを徹底的に除去できると高評価を得ています。

そんなブラーバの新モデルがブラーバジェット240です。

アイロボット ブラーバジェット240ってどんな掃除機?

iRobot 床拭きロボット ブラーバ ジェット240 ホワイト

iRobot 床拭きロボット ブラーバ ジェット240 ホワイト

床に水を吹き付けて、汚れを浮かせながら取り除いていく床拭き掃除機ロボットです。iAdapt2.0というナビゲーション技術を搭載していて、部屋の中を非常に効率よく掃除をしていきます。クリーニングパッドの種類は3種類で、ブラーバ自体が掃除モードを識別します。

  • ナビゲーションテクノロジー:iAdapt2.0
  • クリーニングモード:3タイプ
  • 可動域(ウェットモップモードの場合):20㎡(約12畳)
  • サイズ:W178×H84×D170mm
  • 質量:約1.2kg

アイロボット ブラーバジェット240の特徴は?

既存モデルの掃除機ロボットよりも掃除力が大幅にアップしていて、頑固な汚れもどんどん落とすことができます。そんなブラーバジェット240の特徴となるポイントを紹介します。

新発想の「ジェットスプレー」

従来の雑巾がけ掃除ロボットでは、タンクから掃除クロスに水を浸み込ませてましたが、新型の雑巾がけ掃除ロボットブラーバジェット240では、水をロボットの前方に直接噴射して、汚れを浮かせていく方式を採用しています。

水は放射状に噴出されて、クリーニングパッドが十分に水分を含むと、ジェットスプレーから噴出される水の量は少なくなります。

水は、本体の取っ手部分をあげて給水口のキャップをはずして水道から給水できます。サイズは小さいのでキッチンでも給水できますよ。

本体を振動させる

本体の振動によりクリーニングパッドを細かく振動させることで、雑巾がけをするように、床にこびりついた強いガンコな汚れも、きれいに除去できます。

クリーニングパッドは3種類

床の汚れを集めて取りやすい素材を3種類、クリーニングパッドに採用しています。それぞれのパッドで掃除モードが違い、ブラーバジェット240自体が装着されたクリーニングパッドから、掃除モードを選択して掃除をしていきます。汚れが溜まったら、パッドを捨てて新しいパッドを装着すればOKです。メンテナンスはいりません。

ウェットモップパッド

iRobot 使い捨てウェットモップパッド

iRobot 使い捨てウェットモップパッド

同じ場所を念入りに3度拭きします。洗浄剤が入っていて、コーヒーの渇きシミなどの頑固な汚れを除去できます。

ダンプスウィープパッド

iRobot 使い捨てダンプスウィープパッド

iRobot 使い捨てダンプスウィープパッド


同じ場所を2度拭きします。ジェットスプレーでの水の噴射は最小限に抑えて、ホコリから液体の汚れまでくまなく掃除することが可能です。

ドライスウィープパッド

iRobot 使い捨てドライスウィープパッド

iRobot 使い捨てドライスウィープパッド


乾拭きタイプのパッドです。ソフトな素材のパッドで、髪の毛や微粒子レベルのごみもきれいに掃除することができます。

コンパクトなボディと正確なナビゲーションシステム

既存の掃除ロボットよりも幅が66mm、奥行きが46mm小さくなって、狭い場所にも入っていきます。ナビゲーションシステムのiAdapt2.0が搭載されていて、部屋の中でどこまでを掃除して、次はどこを掃除するべきかを的確に判断していきます。床の段差もしっかり検知することができ、落下や乗揚げを回避していきます。椅子やテーブル、障害になるものにぶつかるとぐるりと回りを掃除して、パッドの端で汚れをきれいに除去します。

iRobot 【アイロボット Braava ブラーバ ジェット 240 床拭きロボット

iRobot 【アイロボット Braava ブラーバ ジェット 240 床拭きロボット

アイロボット ブラーバジェット240まとめ

進化を続ける「掃除ロボット」。人が掃除をするよりきれいにしてくれるかもしれません。床をきれいにしている掃除ロボットに向かって「ごくろうさま♪」と声をかけている人を見たことがあります。ロボットの存在が人間に近づいてきている証拠だと思いますね。

とても優秀な掃除ロボットブラーバジェット240でした。

未分類

Posted by trend-pop