季節・イベント

箱根駅伝順位予想2020青山学院大は何位?注目選手と区間オーダー!

10月から大学駅伝が開幕いたしました。

前回の大会では5連覇をかけた青山学院大学でしたが、東海大学の初優勝に次ぐ2位となり、その雪辱戦ともいえる箱根駅伝2020はどんな走りをしてくれるのでしょうか。

箱根駅伝2020においても、東海大学と東洋大学とともに優勝候補に挙げられて三強と呼ばれいる青山学院大の順位予想や戦力分析、現在考えられる区間オーダーなどをまとめていきます。

ぽぷコ
ぽぷコ
2020年の箱根駅伝、どんな展開になるのか楽しみです!

箱根駅伝2020順位予想:青山学院大学は何位?


箱根駅伝2020において、優勝候補に挙げられている青山学院大学ですが、ここ数年の中では一番、苦戦が予想されるのではないかと思います。

これまでチームを支えていた主力選手の森田歩希選手や林奎介選手、小野田勇次選手が卒業をしたため、戦力ダウンは避けられないのではないかと思われます。

区間賞を獲得し、現在の区間記録を保持しているほど箱根駅伝では無類の強さをもっていたこの3名の選手により、前回大会ではブレーキがあったものの総合2位になれたと言っても過言ではないでしょう。

箱根駅伝2020においては、昨年に比べてトップクラスの戦力は低下していたものの選手層はトップクラスなので、各区間での選手が、ミスのないレースをしていくことが出来れば十分優勝は狙えるのではないかと思われます。

ミスをしなければ優勝争い、ミスをしてしまうと4~6位と予想します。

箱根駅伝2019の青山学院大学の区間オーダーと結果は?

【青山学院大学】総合2位(往路6位 復路1位)

1区橋詰 大慧(4年)区間3位
2区梶谷 璃哉(4年)区間10位
3区森田 歩希(4年)区間賞(区間新)
4区岩見 秀哉(2年)区間15位
5区竹石 尚人(3年)区間13位
6区小野田 勇次(4年)区間賞(区間新)
7区林 奎介(4年)区間賞
8区飯田 貴之(1年)区間2位
9区吉田 圭太(2年)区間賞
10区鈴木 塁人(3年)区間2位




今年の青山学院大学の特徴は?

原晋監督は駅伝の開幕前のインタビューで、「全員でつなぐマシンガン打線で勝負する」と公言しています。

強力な4年生が卒業をしたこともあり、今シーズンのトラックシーズンでは、他の大学に比べて少し物足りない結果でしたが、もともと力を持っている選手が多いので夏合宿を経てどのように駅伝レースを迎えてくれるのかが計算できない所が楽しみな所です。

東洋大学の相澤晃選手や國學院大学の浦野雄平選手のような学生長距離界を代表するような絶対的なエースは不在ですが、かつて、大学駅伝でデビューしてブレイクした田村和樹選手や三代目山の神の神野大地選手のようにな駅伝でブレイクをしてくる選手が青山学院大学から出てくるのではないかととても注目をしています。

箱根駅伝2020青山学院大学の区間オーダー予想

予想オーダー

1区鈴木 塁人/湯原 慶吾/岸本 大紀
2区吉田 圭太/鈴木 塁人
3区湯原 慶吾/岸本 大紀/鈴木 塁人
4区岸本 大紀/飯田 貴之/吉田 圭太
5区竹石 尚人/飯田 貴之
6区中村 友哉/生方 敦也
7区大澤 佑介/岩見 秀哉
8区飯田 貴之/竹石 尚人
9区吉田 祐也/神林 勇太
10区生方 敦也/松葉 慶太

有力大学の中では現時点で、青山学院大学が一番区間配置を予想するのが難しいかもしれません。

マシンガン打線というように、飛び抜けた選手はいなくてもどの選手でも走り攻められるのが強みかもしれません。

敢えて予想をするとすれば、2区は前回大会の三大駅伝で区間賞をすべて獲得した唯一の選手の吉田圭太選手ではないでしょうか。

注目点としては、チームの主力の1人である鈴木塁人選手がどの区間で走るのかだと考えられます。

1区とも思われます、今の青山学院大学の中で貴重な流れを変えられる選手なので、1区以外で起用できる計算が立つと厚みが出てくると思われます。

一番難しいのは山区間ですね。

特に山下りはこれまで、スペシャリストの小野田勇次選手が4年間いましたので、それに代わる選手が誰になるのかわかりません。

山登りに関しても、ブレーキした竹石尚人選手にするのか、それとも他の選手にするのかという見極めも原晋監督の采配ですね。

どの大学にも言えますが、区間オーダーを決まってくるのは、出雲駅伝・全日本大学駅伝の結果や、ロードレースや記録会次第ですね。

原晋監督は、周りがあっと驚くような区間配置や思い切った選手起用もしてくることもありますので、原晋監督のメディアなどでの言動に注目です。

今年の青山学院大学の出雲駅伝2019と全日本大学駅伝2019のエントリー選手

出雲駅伝2019&全日本大学駅伝2019のエントリー選手

 

名前(学年)ベスト記録 5000Mベスト記録 10000Mベスト記録 ハーフ
生方 敦也(4年)13分59秒29分08秒64分51秒
鈴木 塁人(4年)13分53秒28分31秒61分45秒
竹石 尚人(4年)14分05秒29分22秒64分10秒
中村 友哉(4年)13分56秒29分51秒
神林 勇太(3年)13分58秒29分23秒63分56秒
吉田 圭太(3年)13分43秒28分27秒61分46秒
飯田 貴之(2年)14分07秒29分42秒63分10秒
湯原 慶吾(2年)14分00秒28分53秒64分42秒
大澤 佑介(1年)14分05秒
岸本 大紀(1年)14分06秒
鈴木 宗孝(2年)14分30秒29分17秒62分56秒

全日本大学駅伝2019のみエントリー選手

名前(学年)ベスト記録 5000Mベスト記録 10000Mベスト記録 ハーフ
吉田 祐也(4年)14分02秒29分17秒63分19秒
松葉 慶太(3年)14分19秒30分25秒
中村 唯翔(1年)14分13秒30分04秒




今年の青山学院大学の出雲駅伝2019の順位予想

前回大会(出雲駅伝2018)の優勝大学としての連覇の意地があると思いますので、チームエントリーの監督コメントに

マシンガン打線のごとく各々の力を最大限に発揮してタスキを繋ぎ、三大駅伝初戦から本気で勝ちにこだわり連覇を狙います。

という優勝をねらうオーダーで優勝争いをしていくと思われます。

1区2区で出遅れないこと、ミスのないレースが出来れば優勝争い、ミスがあれば4~5位になるのではないかと予想をします。

今年の青山学院大学の出雲駅伝2019の結果

青山学院大学の結果は5位でした。

4区までは1位と原晋監督の思い描いた通りのレースプランだったと思いますが、残念ながら5区の竹石尚人選手で駒澤大学に首位を明け渡してしまい、6区に中村友哉選手が後半で他のチームの選手から遅れてしまいました。

大きなミスはなかったですが、1区間でのミスで優勝が難しくなるぐらい実力が拮抗している駅伝だったのではないかと思われます。

しかしながら、このまま終わる青山学院大学ではないと思いますので、全日本大学駅伝・箱根駅伝でのリベンジに期待をしています。

箱根駅伝2020青山学院大の原晋監督はどんな人?


メディアに引っ張りだこの青山学院大学の原晋監督は、青山学院大学の指導者になって16年になるそうです。

他の有力大学の監督とは異なり、箱根駅伝に出場したことがない、しかも中京大学出身で関東の大学ではない異色の監督とです。

監督就任後はチームを箱根駅伝に33年振りに出場やシード権獲得、優勝、4連覇と数々の結果・記録を残してきた名監督の一人だと思います。

駅伝においては、ユニークなネームをつけたりしながら見ている人をワクワクさせてくれているとともに、指導者としては、田村和希選手や神野大地選手などの名選手を育て上げた手腕や優勝チームを作ってきた、チームマネジメントに関しては陸上界だけではなくビジネス界でも注目されている監督といえるのではないでしょうか。

また、メディアにも積極的に出演され、陸上、駅伝、大学駅伝と広告塔のような役割も担いながら活動されています。

まとめ

  • 各区間において、選手がミスのないレースをしていくことで十分優勝は狙えるのではないでしょうか
    予想としては、ミスをしなければ優勝争い、ミスをしてしまうと4~6位になってしまうのではないか
  • 今年の青山学院大学は絶対的なエースはいないが「全員でつなぐマシンガン打線」で優勝を狙っている
  • 青山学院大学は有力大学の中では現時点で一番、区間配置を予想するのが難しいと思われる
  • 原晋監督は青山学院大学の指導者として16年目で関東の大学出身ではない異色の監督だが、駅伝で名選手を育て手腕やチームマネジメントはビジネス界でも注目されている