芸能人・有名人

JO1妹グループができる?ファンの意見や口コミが気になる!

2020年3月にデビューを果たしたアイドルグループJO1に妹グループができるという情報があり、口コミを中心に様々な意見が飛び交っています。

そこで今回はJO1に妹グループができるという最新情報をご紹介しながら、それに対するJAMからの意見や口コミをご紹介します。

また、実際に妹グループとして成功を収めているグループや、どのように妹グループが結成されるのかについても合わせてチェックしていきましょう。

ぽぷコ
ぽぷコ
プデュ日2が開催されたら嬉しいですよね!

JO1妹グループができる?


2020年3月にシングル『PROTOSTAR』でデビューを果たしたボーイズアイドルグループJO1。

オリコンデイリーチャート1位に輝くなど、日本で大きな注目を集めています。

そんな中、JO1に妹グループができるとファンの口コミを中心に話題となっています。JO1に妹グループができると報じたのは、台湾メディア・ETtoday。

JO1が所属しているLAPONEエンタテインメント(ラポネエンタテインメント)の社長チェ・シンファ氏に単独インタビューを行い、その中でJO1の妹グループについて言及しています。


インタビューの中でチェ・シンファ社長は、妹グループや弟グループを作りデビューさせる計画を立てていることを明らかにしています。

JO1と同じく、日本をベースに活動する女性アイドルグループを作りたいと考えているようですが、国籍は問わず韓国人や台湾人でも参加できるようなプロジェクトになるとのこと。

しかし、まだ具体的な準備はされていないのが現状で、まずはデビューしたばかりのJO1を売り出すことに力を注ぐという考えのようです。

あくまで「妹グループや弟グループを作りたいと考えている」という段階なので、その時期も言及されておらず、芸能事務所としてのひとつの目標くらいに捉えておいた方が良いかもしれません。

JO1妹グループに対する意見や口コミは?


JO1に妹グループができるという情報は、すでにJAMの間でも口コミを中心に広まっており、様々な意見が飛び交っています。

ここではJO1の妹グループに対するJAMからの意見や口コミをご紹介しましょう。


↑画像なし
JO1に妹グループができるという情報に対し、ファンの間で一番多かった意見や口コミは「JO1の人気を安定させてからにして欲しい」というものでした。「妹グループ」としてアイドルグループをデビューさせるためには、その兄グループや姉グループが絶大な人気を誇ってなければ意味がありません。JO1はまだデビューしたばかりということもあり、まずはグループの人気を定着させることが最優先だと考えているJO1ファンが多いようです。


JO1に妹グループができるという情報に対し、「恋愛はしないで」「彼女になったら最悪」というような女性ファンならではの口コミや意見も多く飛び交っています。

同じ事務所に所属すれば、もちろんJO1のメンバーと妹グループが顔を合わせる機会は増えるはず。

そのため、恋愛関係が生まれることを心配してしまうというJAMの意見も多く見られました。


その一方で、JO1に妹グループができるなら「オーディションに参加したい」というJAMの口コミも多く見られました。

まだ妹グループは計画自体が準備段階ですが、JO1が誕生したオーディション番組『PRODUCE101JAPAN』を視聴して、自分もアイドルとしてデビューをしたいと感じた方も多いはず。

JO1はもちろん、オーディション番組の影響もすごいことがよく分かりますね。




JO1が海外進出するために必要なことは?


JO1が所属しているLAPONEエンタテインメント(ラポネエンタテインメント)の社長チェ・シンファ氏は、JO1の海外進出についても言及しました。

独占インタビューの中でJO1が海外進出する予定は「今はないが、将来の可能性としてはある」と答えています。

その一方で、JO1のメンバー・鶴房汐恩さんはCNBLUEやAOAが所属しているFNCエンターテイメントの元練習生として知られています。

その他にも韓国語を学びたいと考えているメンバーが数人いることを明かし、韓国での活動も視野に入れているようですね。

実際、韓国ではJO1の入国がニュースになったこともあり、注目されていることは間違いないので日本の次は韓国へ進出することも考えられます。


もしJO1が海外進出することが決まった場合、そこで最低限必要となるのが「外国語」と「歌やダンスのレベルの高さ」です。

世界で活躍しているアイドルグループは、必然的に多言語を学ぶ必要があります。

英語圏で公演を行う際には英語を、韓国で公演を行う際には韓国語を話さなければなりません。

もちろん、通訳さんもいるはずですが「多言語を話せる」のは今やアイドル界の新常識。

それに合わせ、世界に通用するような高い歌唱力やダンスレベルも求められることになります。

実際、日本で人気を誇っていても歌唱力の低さやダンスレベルの低さを指摘され、海外進出に失敗しているアイドルグループは数多くいるため、JO1の海外進出もかなり慎重になっていることが予想されます。

姉妹グループで成功しているグループは?


JO1に妹グループができるという情報に対し、様々な意見や口コミが飛び交っていますが実際に妹分としてデビューしているグループもいます。

ここでは妹グループとしてデビューを果たしている韓国アイドルグループをご紹介しましょう。

ITZY


TWICEの妹グループとしてデビューを果たしたアイドルグループ・ITZY(イッジ)。

妹グループということを忘れてしまうほど、すでに人気を爆発させています。

TWICEとITZYはお互いのコンサートに足を運ぶなど、仲睦まじい様子を見せています。

cignature


元Wannaoneメンバーのペ・ジニョンさんが所属しているアイドルグループCIXの、妹グループとしてデビューを果たしたcignature(シグネイチャー)。

2020年2月にデビューを果たしたばかりの新人アイドルグループで、今後多くの活躍が期待されています。

BVNDIT


元I.O.Iのメンバーで、現在はソロ歌手として活躍しているチョンハさんの妹グループとしてデビューを果たしたBVNDIT(バンディット)。

メンバー全員が4年から5年の練習生時代を経験しているため、歌もダンスもレベルが高いことで注目されています。


JO1に妹グループができるという情報に対し、批判的な口コミや意見が多いのも事実ですが妹グループや弟グループはあくまで「同じ事務所の先輩後輩」です。

SMエンターテインメントを例にすると東方神起を兄とした場合、少女時代が妹グループ、さらにRed Velvetが少女時代の妹グループということになります。

同じ事務所に所属しているため、コラボ曲を発表したり、同じステージに立つ機会は増えますが、アイドルグループを売り出すための「キャッチフレーズ」と考えておきましょう。

JO1妹グループはオーディションなの?


口コミを中心に広がっているJO1の妹グループについての情報ですが、冒頭でもご紹介したようにその概要は全く決まっていない状態と明かされています。

しかし、もし妹グループができるならば事務所が単独で行うオーディションなのか、『PRODUCE101』シリーズのような国民投票によるオーディションなのか気になりますよね。


JO1のようにオーディション番組に参加し、国民投票によってデビューメンバーが決定する場合はデビューと同時に多くの人気を獲得することができます。

デビューまでの道のりやオーディションの様子なども知ることができるため、ファンの想い入れも強いです。

その一方で、多くのアイドルグループでは事務所内でのオーディションでデビューメンバーを決定しています。

どちらの方法が良いかは分かりませんが、『PRODUCE101JAPAN』が好評だったことは確実なので、同じ方法を取ることが予想されます。

その一方で、国民投票によるオーディション番組では番組側が投票数を不正操作したことが韓国で問題になっているため、今後の風当たりは少し強くなることも考えられます。

どちらにしても、JO1の妹グループに関してはまだ計画段階にすぎないため、情報を追っていく必要がありそうですね。

まとめ

  • JO1の妹グループはまだ計画段階で詳細は全くの未定
  • JO1の妹グループに対して「まずはJO1の人気を安定させるのが最優先」と考えるファンが多数
  • JO1の妹グループは「同じ事務所に所属する後輩グループ」という位置付け

JO1に妹グループができるという情報や、それに対するJO1ファンからの意見や口コミを調べたところ、上記のことが分かりました。

まだJO1に妹グループができるというのは計画段階なので、今後何らかの情報が上がってくることを楽しみに待ちましょう。