季節・イベント

出雲駅伝2019出場校一覧・優勝予想!区間エントリー一覧は?

令和最初の学生駅伝シーズンに突入しました。

学生駅伝ファンにはたまらない季節だと思います。

いよいよ2019年10月14日には2019出雲駅伝が開催されます。

前回優勝した青山学院大、2019箱根駅伝総合優勝の東海大と、その他全国の大学が日本一を目指すレースとなっています。

今回はテレビ放送の予定や、出場校、区間エントリーの情報やなんと優勝予想までいろいろ紹介したいと思います。

令和元年(2019)10月14日(月・祝)「体育の日」に開催される第31回出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)について紹介します。

ぽぷコ
ぽぷコ
いよいよ今月!!

出雲駅伝2019速報、優勝結果

出雲駅伝2019順位結果

優勝 國學院大学 2時間9分58秒

2位駒澤大学 2時間10分6秒

3位東洋大学 2時間10分9秒

4位東海大学 2時間10分18秒

5位青山学院大学 2時間10分51秒

出雲駅伝2019出場校は?

北海道(1枠)北海道学連選抜
東北(1枠)東北学連選抜
関東(10枠・箱根駅伝上位10校)東海大学
青山学院
東洋大学
駒澤大学
帝京大学
法政大学
國學院大學
順天堂大学
拓殖大学
中央学院大学
北信越(1枠)北信越学連選抜
東海(2枠)東海学生駅伝2018優勝校 +6名の5000mタイム最上位皇學館大学
愛知工業大学
関西(3枠) 全日本大学駅伝2019 関西地区予選の上位3校立命館大学
関西学院大学
京都産業大学
中国四国(1枠)中国四国学生駅伝2018の優勝校広島経済大学
九州(1枠)九州学生駅伝2018の優勝校第一工業大学
その他アイビーリーグ選抜

全部で21チームが出場します。

出雲駅伝って?

出雲駅伝を知らない方もいらっしゃると思うので簡単に説明をさせてください。

出雲駅伝は平成元年の10月、八百万の神々が集う「出雲」の地で開催されはじめました

現在の正式名称は「出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)」です。

「出雲駅伝」は「全日本大学駅伝」「箱根駅伝」と並び、大学三大駅伝と言われています。

そして、「出雲駅伝」は駅伝シーズンの幕開けを飾る大会として、毎年「体育の日」に開催されている大会です。

出雲駅伝の最大の特徴は「高速駅伝」であることです。

そして学生としてグローバルな世界観の構築のために海外の大学を招待して行われています。

(第3回大会時にサンフランシスコ州立大学、上海体育運動技術学院、第10回大会から現在まで、アメリカ・IVYリーグ選抜チーム、第14回大会時に韓国大学選抜チーム)

今は「出雲全日本大学選抜駅伝競走(出雲駅伝)」という名称ですが第1回大会は、「平成記念出雲くにびき大学招待クロスカントリーリレーフェスティバル」の名称で開催し、次走者への引継ぎは、タスキではなくボディータッチで行いました。

第2回大会からいまと同じタスキで引き継ぐことになり、名称も「出雲くにびき全日本大学招待ロードリレー大会」に変更され、第6回大会からは今の「出雲全日本大学選抜駅伝競走」に名称変更され現在に至ります。

駅伝の歴史を知るとさらに興味がわきますよね。

今年は31回目の大会になります。

今からとても楽しみですね。

参加資格は 各地区学連が選抜する20チームとし、各地区学連の代表数は次のとおりとする。

北海道1、東北1、関東10、北信越1、東海2、関西3、中国四国1、九州1
、国外1チーム、米国アイビーリーグ選抜の全部で21チーム
になります。



出雲駅伝のコースは?

出雲駅伝のスタート地点は出雲大社

ゴールは出雲ドーム前になっています。

出雲大社

出雲市役所・JAしまね前

斐川直江

平田中ノ島

鳶巣コミュニティセンター前

島根ワイナリー前

出雲ドーム前

出雲駅伝の距離は?

6区間 45.1kmで構成されています。

1区(8.0km) 出雲大社正面鳥居前 → 出雲市役所・JAしまね前

2区(5.8km) 出雲市役所・JAしまね前 → 斐川直江

3区(8.5km) 斐川直江 → 平田中ノ島

4区(6.2km) 平田中ノ島 → 鳶巣コミュニティセンター前

5区(6.4km) 鳶巣コミュニティセンター前 → 島根ワイナリー前

6区(10.2km) 島根ワイナリー前 → 出雲ドーム前

出雲駅伝のテレビ放送は?

10月14日(月・祝)13:00より、フジテレビ系の地上波とCS放送で中継されます。

上位チームのゴールシーンは地上波の放送でカバーできる可能性が高いのですいがCS放送はゴールシーンを最後のチームまで見たい人におススメです。

選手エントリー・区間エントリー

エントリー選手は発表があり次第追記します。

北海道学連選抜

未発表

東北学連選抜

未発表

東海大学

  • 鬼塚翔太(4年)5区
  •  郡司陽大(4年)
  • 小松陽平(4年)
  • 阪口竜平(4年)2区
  • 關颯人(4年)
  • 西川雄一朗(4年)1区
  • 塩澤稀夕(3年)3区
  • 西田壮志(3年)6区
  • 市村朋樹(2年)4区
  • 本間敬大(2年)

青山学院

  • 生方敦也(4年)
  • 鈴木塁人(4年)
  • 竹石尚人(4年)5区
  • 中村友哉(4年)6区
  • 神林勇太(3年)4区
  • 吉田圭太(3年)3区
  • 飯田貴之(2年)
  • 湯原慶吾(2年)1区
  • 大澤佑介(1年)
  • 岸本大紀(1年)2区

東洋大学

  • 相澤晃(4年)3区
  • 今西駿介(4年)5区
  • 定方駿(4年)6区
  • 渡邉奏太(4年)
  • 大澤駿(3年)2区
  • 西山和弥(3年)1区
  • 蝦夷森章太(2年)
  • 鈴木宗孝(2年)
  • 宮下隼人(2年)4区
  • 児玉悠輔(1年)

駒澤大学

  • 中村大成(4年)5区
  • 中村大聖(4年)6区
  • 山下一貴(4年)1区
  • 伊東颯汰(3年)2区
  • 加藤淳(3年)
  • 神戸駿介(3年)
  • 小林歩(3年)4区
  • 石川拓慎(2年)
  • 田澤廉(1年)3区
  • 酒井亮太(1年)

帝京大学

未発表

法政大学

未発表

國學院大學

  • 青木祐人(4年)4区
  • 浦野雄平(4年)3区
  • 土方英和(4年)6区
  • 茂原大悟(4年)5区
  • 河東寛大(3年)
  • 森秀翔(3年)
  • 藤木宏太(2年)1区
  • 川﨑康生(1年)
  • 中西大翔(1年)2区
  • 中西唯翔(1年)

順天堂大学

未発表

拓殖大学

未発表

中央学院大学

未発表

北信越学連選抜

未発表

皇學館大学

未発表

愛知工業大学

未発表

立命館大学

未発表

関西学院大学

未発表

京都産業大学

未発表

広島経済大学

未発表

第一工業大学

未発表

アイビーリーグ選抜

未発表



出雲駅伝2019優勝予想・候補は?

さて、出雲駅伝2019年の優勝候補予想ですが、やはり東海大学・東洋大学・青山学院大学・駒澤大学・駒澤大学・國學院大學あたりが候補にあがるのではないでしょうか。

東海大学


箱根駅伝2019を制したメンバーが数多く残り、2019年出雲駅伝も優勝候補といえます。

エースの鬼塚翔太(4年)はアメリカで大迫傑(ナイキオレゴンプロジェクト)らとトレーニングをして、トラックレースでも安定した成績を残しています

故障で長い期間離脱していた關颯人(4年)も復帰しました。

ゴールデンゲームズinのべおかで今年9月の日本インカレでも日本人6位と優秀な結果でした。

出場の可能性は低いと思われますが、ルーキー飯澤千翔(1年)の走りも見れるかもしれません。

やはり記憶に新しい2019年箱根駅伝の成績からすると、東海大学の活躍は期待大です。

東洋大学


前回の出雲駅伝はトップの青山学院大学と12秒差の2位でした。

ここ最近の三大駅伝では2位、3位に入賞していますので優勝の候補としての実力はあります。

今大会も優勝争いに絡んでくることは間違いなさそうです。

エースの相澤晃は、箱根駅伝2019から、都道府県対抗駅伝、各種記録会、日本選手権、ユニバーシアードと、走ったほとんどのレースで学生最強と思わせるすばらしい走りを見せていますので期待大です。

その他力のある西山和弥、吉川洋次、今西駿介も経験豊富で期待できます。

青山学院大学


昨年の主力メンバーだった森田歩希(GMO)、小野田勇次(トヨタ紡織)、橋詰大慧(SGホールディングスグループ)が抜け、戦力の選手も少し薄くなったと思われましたが、2018年度の三大駅伝すべてで区間賞を獲得した吉田圭太(3年)を中心に、2018年出雲駅伝で2区区間賞の主将・鈴木塁人(4年)、経験が多い生方敦也(4年)竹石尚人(4年)らが活躍すると思われるのでしっかり優勝争いに絡んでくるのではないでしょうか。

新しい戦力として、監督が将来のエース候補に挙げる岸本大紀(1年)が、7月東海大記録会で5000mの自己ベストを更新しました。

10キロ以上の経験が少ないので、出雲出走は少しきになりますが、出場したらすばらしい結果をのこしてくれる期待大です。

駒澤大学


2019年箱根駅伝で4位の駒澤大学は、今年も戦力がとても充実しています。

エース格といわれる中村大聖(4年)が、2019年7月の大会ユニバーシアードのハーフマラソンで銀メダルを獲得しました。

同じく主力メンバー山下一貴(4年)も5月に行われた関東インカレ2部ハーフマラソンで銀メダルを獲得するなど二人とも調子がよさそうです。

大学1年生のトップを走ってきた田澤廉(1年)が、同じく5月関東インカレ、7月に行われたホクレンディスタンス深川でも好走しています。

國學院大學


國學院大學史上最強チームと前評判が高いです。

エースの浦野選手は日本人学生で一番強いと思われる東洋大:相澤選手と競り合える数少ない選手の一人です。

そして青木選手は箱根3区の成績からみても下りのコースが向いていると思います。

2年生藤木選手は三大駅伝でも実績があり期待大です。

今年急成長の島崎選手も将来のエース候補の一人として期待されているので良い走りをみせてくれそうです。

もう一人のエース土方選手は長い距離の方が得意といわれているのでどのような走りを見せてくれるか期待したいところです。

ただし選手層が薄いと言われているので主力メンバーが欠けると途端に戦力が厳しくなってしまいそうです。

まとめ

  • 2019年10月14日には2019出雲駅伝が開催
  • 10月14日(月・祝)13:00より、フジテレビ系の地上波とCS放送で中継される
  • 出雲駅伝のスタート地点は出雲大社ゴールは出雲ドーム前