季節・イベント

全日本大学駅伝2019優勝予想!出場校や日程、テレビ放送はある?

2019年11月3日(日)、伊勢を舞台に第51回全日本大学駅伝が開催されます。

全日本大学駅伝は、出雲駅伝、箱根駅伝とともに学生三大駅伝と呼ばれています。

箱根駅伝や出雲駅伝と違うところは、全国から予選を勝ち上がった大学が出場するところです。

そのようなことから「真の大学日本一決定戦」とも呼ばれています。

こちらでは2019年全日本大学駅伝のテレビ放送の詳細や優勝予想します。

ぽぷコ
ぽぷコ
ぜひ観戦の参考にしていただけると嬉しいです。

全日本大学駅伝2019結果

2019年11月3日(日)に行われた第51回全日本大学駅伝が開催されました

優勝は東海大学、2位青山学院大学、3位駒澤大学という結果になりました。

やはり10月に開催された出雲駅伝で活躍したチームが上位に入賞してます。

全日本大学駅伝2019結果

優勝  東海大学 5:13:15

2位 青山学院大学:14:59

3位  駒澤大学 5:15:04 5:15:04

4位  東京国際大学 5:15:35

5位  東洋大学 5:15:40

6位  早稲田大学 5:17:04

7位  國學院大學 5:17:34

8位  帝京大学 5:19:38

9位 順天堂大学 5:19:46

10位 中央学院大学 5:20:06

11位 法政大学 5:20:14

12位 立命館大学 5:21:21

13位 城西大学 5:21:29

14位 日本体育大学 5:21:46

15位 明治大学 5:23:51

16位 拓殖大学 5:24:06

17位 関西学院大学 5:29:51

18位 京都産業大学 5:33:18

19位 皇學館大学 5:33:24

20位 札幌学院大学 5:35:08

21位 愛知工業大学 5:35:34

22位 環太平洋大学 5:40:32

23位 新潟大学 5:41:01

24位 第一工業大学 5:43:13

25位 東北福祉大学 6:04:48

上記のような結果になりました。

注目は初出場で4位入賞の東京国際大学です。

初出場でシード権をとったのは2011年の上武大以来の快挙。

箱根駅伝予選会2020でも優勝と各大会で素晴らしい成績を残しています。

2020年1月2、3日に開催される箱根駅伝でも注目チームです。

全日本大学駅伝2019の日程は?

全日本駅伝2019の開催日程は、2019年11月3日(日)です。

開始時間は、午前8時05分です。

開会式は、11月2日(土)午後4時「朝日ホール」 (朝日新聞名古屋本社15階)で

閉会式は、11月3日(日)午後2時30分(レース終了後)「神宮会館講堂」(伊勢市宇治中之切町152)です。

全日本大学駅伝2019の出場校は?

  • 札幌学院大学   (2大会連続26回目)
  • 東北福祉大学   (7大会ぶり11回目)
  • 青山学院大学   (7大会連続9回目)
  • 東海大学   (6大会連続32回目)
  • 東洋大学   (12大会連続27回目)
  • 駒澤大学   (24大会連続26回目)
  • 帝京大学   (5大会連続12回目)
  • 國學院大學  (5大会連続7回目)
  • 法政大学   (3大会連続12回目)
  • 城西大学   (3大会連続8回目)
  • 順天堂大学  (3大会連続24回目)
  • 拓殖大学   (3大会ぶり9回目)
  • 東京国際大学  (初出場)
  • 明治大学    (12大会連続13回目)
  • 早稲田大学    (13大会連続25回目)
  • 日本体育大学    (2大会連続41回目)
  • 中央学院大学    (7大会連続13回目)
  • 新潟大学    (2大会ぶり12回目)
  • 皇學館大学    (3大会連続3回目)
  • 愛知工業大学    (3大会連続18回目)
  • 立命館大学    (19大会連続31回目)
  • 関西学院大学    (2大会ぶり9回目)
  • 京都産業大学    (7大会連続47回目)
  • 環太平洋大学    (初出場)
  • 第一工業大学    (3大会連続24回目)
  • 日本学連選抜チーム    (オープン参加)
  • 東海学連選抜チーム    (オープン参加)

以上27チームの参加が決定しています。

全日本大学駅伝とはシード校や全国8地区の選考会を勝ち抜いてきたチームなど計27チームが出場し、大学駅伝日本一が決定する大会です。

全日本大学駅伝がスタートしたのは1970(昭和45)年です。

「全国の大学が出場できる、真の日本一を決める駅伝を」と、東海学生陸上競技連盟と朝日

新聞名古屋本社が中心となって企画され各地区学連にも呼びかけ、1970年3月、第1回大

会開催を実現させた大会になります。

当時はコースが近鉄の線路と平面交差していたため、選手が踏み切り待ちを余儀なくされる

場面もありました。

第20回大会からテレビ朝日系列による完全生中継も始まりました。

全日本大学駅伝2019エントリー選手

全日本大学駅伝のエントリー選手が発表されました。

こちらが優勝予想している各チームのエントリーメンバーになります。

青山学院大学

生方敦也  4年  栃木・佐野日大
鈴木塁人  4年  千葉・流通経済大柏
竹石尚人  4年  大分・鶴崎工業
中村友哉  4年  大阪・大阪桐蔭
吉田祐也  4年  埼玉・東京農大三
神林勇太  3年  熊本・九州学院
松葉慶太  3年  静岡・浜松日体
田圭太  3年  広島・世羅
飯田貴之  2年  千葉・八千代松陰
湯原慶吾  2年  茨城・水戸工業
大澤佑介  1年  群馬・樹徳
岸本大紀  1年  新潟・三条
中村唯翔  1年  千葉・流通経済大柏

東海大学

鬼塚翔太  4年  福岡・大牟田
郡司陽大  4年  栃木・那須拓陽
小松陽平  4年  北海道・東海大四
阪口竜平  4年  京都・洛南
關颯人   4年  長野・佐久長聖
西川雄一朗 4年  兵庫・須磨学園
松尾淳之介 4年  秋田・秋田工業
塩澤稀夕  3年  三重・伊賀白鳳
鈴木雄太  3年  神奈川・東海大相模
名取燎太  3年  長野・佐久長聖
西田壮志  3年  熊本・九州学院
市村朋樹  2年  埼玉・埼玉栄
松崎咲人  1年  長野・佐久長聖

東洋大学

相澤晃   4年  福島・学法石川
今西駿介  4年  宮崎・小林
定方駿   4年  長崎・川棚
渡邉奏太  4年  静岡・吉原工業
大澤駿   3年  山形・山形中央
西山和弥  3年  群馬・農大二
吉川洋次  3年  栃木・那須拓陽
蝦夷森章太 2年  愛知・愛知
宮下隼人  2年  山梨・富士河口湖
久保田悠月 1年  埼玉・埼玉栄
児玉悠輔  1年  宮城・東北
古川隼   1年  熊本・千原台
前田義弘  1年  茨城・東洋大牛久

駒澤大学

中村大成  4年  宮城・東北
中村大聖  4年  埼玉・埼玉栄
山下一貴  4年  長崎・瓊浦
伊東颯汰  3年  大分・大分東明
小島海斗  3年  千葉・船橋
加藤淳   3年  兵庫・西脇工業
神戸駿介  3年  東京・松が谷
小林歩   3年  大阪・関大北陽
石川拓慎  2年  千葉・拓大紅陵
酒井亮太  1年  兵庫・西脇工業
田澤廉   1年  青森・青森山田
中島隆太  1年  神奈川・藤沢翔陵
山野力   1年  山口・宇部鴻城

國學院大學

青木祐人  4年  愛知・愛知
浦野雄平  4年  富山・富山商業
土方英和  4年  埼玉・埼玉栄
茂原大悟  4年  群馬・高崎
河東寛大  3年  鹿児島・樟南
藤村遼河  3年  東京・東京実業
森秀翔   3年  千葉・八千代松陰
島﨑慎愛  2年  群馬・藤岡中央
殿地琢朗  2年  岐阜・益田清風
藤木宏太  2年  北海道・北海道栄
川﨑康生  1年  静岡・浜松工業
中西大翔  1年  石川・金沢龍谷
中西唯翔  1年  石川・金沢龍谷




全日本駅伝2019優勝予想

前大会第50回全日本大学駅伝の結果はこのような結果でした。

ここにタイトルを入力

青山学院大学[7年連続9回目の出場]

東海大学 [6年連続32回目の出場]

東洋大学 [12年連続27回目の出場]

駒澤大学 [24年連続26回目の出場]

帝京大学 [5年連続12回目の出場]

國學院大学 [5年連続7回目の出場]

法政大学 [3年連続12回目の出場]

城西大学 [3年連続8回目の出場]

どの大学も強豪といわれるチームばかりですよね。

この前回の第50回全日本大学駅伝の結果やその他の結果をもとに2019年第51回全日本駅伝の予想をしたいと思います。

2019年第51回大会の全日本大学駅伝の優勝争いは、

去年上位3位の青山学院大学、東海大学、東洋大学を中心に6月に行われた関東予選で優勝し今回初出場の東京国際大学などが絡んでくるのではないでしょうか。

また先に行われる出雲駅伝2019の結果次第でこの全日本大学駅伝の予想も変わってくると思います。

10月14日に開催される出雲駅伝2019も要チェックですね。

2019年10月17日追記

先日開催された出雲駅伝2019での優勝チーム國學院大學も勢いに乗り優勝争いに名乗りをあげますね。

やはり先に全日本大学駅伝の優勝候補として名前を挙げさせてもらった青山学院大学、東海大学、東洋大学は出雲駅伝32019でも3位~5位と好成績を残しました。

さらに、駒澤大学も出雲駅伝で第2位を活躍し、全日本大学駅伝でも好成績を残すのではないでしょうか。

全日本大学駅伝2019のコースは?

全日本大学駅伝のコースは、名古屋市の熱田神宮西門前から三重県伊勢市の伊勢神宮内宮宇治橋前のゴールまで106.8㎞のコースになっています。

長距離・短距離を組み合わせた8区間設定で、前半は小刻みなアップダウンが多く、後半は比較的フラットなコースとなっています。

熱田神宮西門前(名古屋市熱田区神宮) → 伊勢神宮内宮宇治橋前(伊勢市宇治館町)

8区間 106.8km

第1区 9.5 ㎞  熱田神宮西門前 → 愛知県・名古屋市港区藤前(ファーストカーゴ前)

第2区 11.1 ㎞ 名古屋市港区藤前 → 三重県・桑名市長島町(長島スポーツランド前)

第3区 11.9 ㎞ 桑名市長島町 → 四日市市羽津(霞ケ浦緑地前)

第4区 11.8 ㎞ 四日市市羽津 → 鈴鹿市林崎町(ファミリーマート鈴鹿林崎町店前)

第5区 12.4 ㎞ 鈴鹿市林崎町 → 津市河芸町(ザ・ビッグエクストラ津河芸店前)

第6区 12.8 ㎞ 津市河芸町 → 津市藤方(ベイスクエア津ラッツ)津市藤方(ベイスクエア津ラッツ)

第7区 17.6 ㎞ 津市藤方 → 松阪市豊原町(JA松阪前)

第8区 19.7 ㎞ 松阪市豊原町 → 伊勢神宮内宮宇治橋前

前半の中継所と通過予想時間

前半(スタート地点から第四中継所まで)の選手たちの通過予想時間はこのようになっています。

スタート地点   熱田神宮西門前                 8時05分スタート
第一中継所   名古屋市港区藤前(ファーストカーゴ前)      8時33分頃
第二中継所   三重県・桑名市長島町(長島スポーツランド前)   9時06分頃
第三中継所   四日市市羽津(霞ケ浦緑地前)           9時41分頃
第四中継所   鈴鹿市林崎町(ファミリーマート鈴鹿林崎町店前)  10時16分頃

後半の中継所と通過予想時間

後半(第五中継所からゴール地点まで)の選手たちの通過予想時間はこのようになっています。

第五中継所  津市河芸町(ザ・ビッグエクストラ津河芸店前)   10時53分頃

第六中継所  津市藤方(ベイスクエア津ラッツ)         11時31分頃

第七中継所  松阪市豊原町(JA松阪前)            12時23分頃

ゴール地点   伊勢神宮内宮宇治橋前             13時22分頃

全日本大学駅伝2019のテレビ放送はある?

テレビ朝日系で11月3日(日)7時45分より全国放送されます。

※レーススタート時間は8時05分

今のところライブ配信の予定はありませんが、昨年はAbemaTVにて配信されたため、今年も配信されるかもしれません。

まとめ

  • 2019年11月3日(日)、伊勢を舞台に第51回全日本大学駅伝が開催される
  • テレビ朝日系で11月3日(日)7時45分より全国放送あり
  • スタート時間は8時05分
  • ゴールの予想時間は 13時22分頃と予想されている