ドラマ・映画

大豆田とわ子と三人の元夫原作ネタバレは?4人の最終回結末を予想!

2021年4月スタートのフジテレビ火曜9時のドラマは『大豆田とわ子と三人の元夫』です。

『大豆田とわ子と三人の元夫』は原作がないオリジナルストーリーのため4人の最終回結末が現段階では分かりません。

そのため、4人の最終回結末を予想してみました。

ぽぷコ
ぽぷコ
坂元裕二さんの作品大好き!結末予想してみたよ!

大豆田とわ子と三人の元夫原作ネタバレは?

  • 大豆田とわ子と三人の元夫はドラマ用に書き下ろされたオリジナルストーリー
  • 脚本を担当するのは人気脚本家の坂元裕二

2021年4月スタートのフジテレビ火曜9時のドラマは『大豆田とわ子と三人の元夫』です。

脚本を担当するのはヒットメーカー坂元裕二さんです。

坂元裕二さんといえば、映画『花束みたいな恋をした』が大ヒット中ですね。

また、『大豆田とわ子と三人の元夫』は原作が存在しないオリジナルストーリーです。

ということで、結末はまだわかりません

いったいどんなストーリー展開となるでしょうか。

『大豆田とわ子と三人の元夫』のあらすじ

まずは、あらすじからご紹介しましょう。

物語の主人公は「しろくまハウジング」という建設会社の社長に就任したてという大豆田とわ子(おおまめだ とわこ)。

なんと彼女はバツ3の40歳

三回結婚して三回離婚してはいますが、正確に難があるというほどの変人ではありません。

洋服が好きで、明るくて、お茶目で、ちょっとせっかちで、天然なところがあるという、そんな女性という設定です。

今は、一人娘の唄といっしょに暮らしているシングルマザーでもあります。

この唄は、一番目の夫との間に生まれた娘なんです。

そんな主人公とわ子を演じるのは、松たか子さん。

脚本・坂元裕二さん、主演・松たか子さんいえば、TBSのドラマ『カルテット』を思い出しますね。

『カルテット』のときは、松たか子さんは、夫を殺したのではないかと疑われる真紀を演じました。

『カルテット』は大きな好評を呼び、第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞で作品賞を受賞するなど、数々のドラマ賞を受賞しました。

今回の『大豆田とわ子と三人の元夫』も名作の予感がしますね。

では、とわ子と結婚して離婚した、物語の中心人物となる三人の男性について見ていくことにしましょう。

大豆田とわ子と三人の元夫のキャストは?

一人目の夫:田中八作(たなか はっさく)演:松田龍平さん

とわ子の最初の夫で、とわ子の娘・唄の父親でもあります。

東京の奥渋谷のレストラン・オペレッタのオーナーでギャルソンでもあるという設定です。

演じるのは松田龍平さん。

松たか子さんとはカルテットでも共演されていましたね。

今回は、女性にモテモテという男性を演じます。

優しくてハンサムということから、ときどき厄介ごとに巻き込まれてしまうという役どころです。

その厄介ごとにとわ子も巻き込まれてしまうということになるのですが…さて、どうなることでしょうか。

二人目の夫:佐藤鹿太郎(さとう かたろう)演:角田晃広さん(東京03)

とわ子の二番目の夫です。

演じるのは角田晃広さんです。

角田晃広さんといえば、お笑いトリオ・東京03のメンバーとして知られていますが、ドラマでも活躍されていますよね。

ドラマ「半沢直樹」ではシリアスな役もこなして、役者としての幅を見せつけました。

今回の役どころは、業界でも腕利きのファッションカメラマン。

ただ、器の小さい男性という設定で、とにかくとわ子のことが好きで彼女のことが全く忘れられない。

普通にしているだけなのに笑われてしまうという愛されキャラです。

お笑いのプロが松たか子さんや松田龍平さんとどんな掛け合いを見せてくれるか楽しみですね。

三人目の夫:中村慎森(なかむら しんしん)演:岡田将生さん

とわ子の三番目の夫です。

演じるのは岡田将生さんです。

とわ子が社長であるしろくまハウジングに所属するエリート弁護士という設定です。

理屈っぽくて、ひねくれ者として知られていて、「それ、いります?」が口癖の慎森が、なぜとわ子と結婚したのかというのが謎ということになっています。

周囲の人たちから「冷静で合理的」と思われている慎森が天然のとわ子にひかれた理由とはいったい何だったのでしょうか。

ということで、とわ子の元夫は三者三様

結婚した理由も、離婚した理由も違いますが、まだとわ子のことが好きということは共通しています

そんな、三人の元夫が毎回、さまざまな騒動を引き起こします。

坂元裕二さんといえば、男女の微妙な関係を絶妙なセリフと掛け合いで紡ぎ出していく妙手です。

四人ともどこか抜けていて欠点のあるキャラクターです。

そして、四人とも「こういう人いるよね」と思わず言ってしまうようなキャラクターです。

四人の掛け合いを楽しみつつ、それぞれのキャラクターがどんな道を選ぶのか想像しながらドラマを見ると楽しめるのではないかと思います。

大豆田とわ子と三人の元夫4人の最終回結末は?

『大豆田とわ子と三人の元夫』は原作が無い、オリジナルストーリーのため現時点では四人がどんな結末を迎えるのか最終回結末が分かりません

脚本の坂元裕二さんは今回の作品を書くのにあたって、次のように語っていらっしゃいます。

「最高のキャストと共に連続ドラマを作れることになり、喜びと緊張で高ぶっております。

毎週火曜日の夜九時に笑顔とロマンスをお届け出来るようにがんばります。

大豆田とわ子と三人の元夫たちの大活躍、お楽しみに。」

ドラマのホームページより

笑顔とロマンスを届けたいというところから、バッドエンドを迎える可能性は低そうですね。

四人にとってそれぞれ前向きな結末となるのではないかと思います。

大豆田とわ子の迎える結末

おそらく、三人の元夫の誰かと元のさやに納まるということは無いのではないかと思います。

三人の元夫と微妙な関係を保ちつつ、娘と暮らしていくという道を選ぶのではないかと思います。

また、新しい誰かと再婚するというのも、作品の雰囲気から考えると無いのではないかと思います。

田中八作の迎える結末

三人の元夫の中で唯一、とわ子との間に子どもをもうけている八作。

唄と親子であるというという関係が終わるということはありませんが、とわ子と復縁するという道は選ばないのではないかと思います。

唄のいいお父さんであるということと、とわ子と再婚するということは別のことであるという結末なのではないかと思います。

佐藤鹿太郎の迎える結末

鹿太郎は三人の中で、最もとわ子のことが忘れられない男といえます。

復縁したいという気持ちも誰より強いと思いますが、やはり、とわ子が鹿太郎と再婚するということも無いと思います

ひょっとすると全く別の女性を好きになって…ということになるかもしれません。

中村慎森が迎える結末

慎森はとわ子の会社にいるということで、距離としては最も近い存在といえますが、やはり復縁する可能性は低いと思います

仕事の上でとわ子をサポートするということはあっても、再び夫婦になるという道は選ばないのではないかと思います。

とわ子は自立していて、十分ひとりで生きられる女性です。

ただ、ひとりで生きられるということとひとりで生きたいということは別です。

とわ子は三人のうちの誰かと復縁するのでしょうか。

それとも、誰か別の男性と四度目の結婚をするのでしょうか。

それとも…。

結婚するということや誰かといっしょに生きていくということを、ユーモラスに描いた本作です。

自分ならどんな選択をするのか、それぞれのキャラクターの視点から考えてみるとドラマをさらに楽しむことができると思いますよ。

まとめ

  • フジテレビの火曜9時の新ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』の脚本を担当するのは坂元裕二。
    原作の存在しないドラマオリジナルストーリー。
  • 主人公のとわ子を演じるのは、松たか子。坂元裕二とは、ドラマ『カルテット』以来のタッグ。
  • 三人の元夫を演じるのは、松田龍平、角田晃広、岡田将生。
  • 思わず笑ってしまうロマンティックコメディ作品になっているということで、四人の掛け合いが楽しいドラマに仕上がっている。
  • ラストは、とわ子は三人の誰とも復縁せず、また四度目の結婚をすることもないのではないかと予想。
  • ひとり生きられるけれど、誰かと生きていくことの愛おしさを問いかけるような作品となっている。