芸能人・有名人

三原舞依の身長体重は?出身高校大学学部プロフィールまとめ

「氷上の天使」とも言われ、多くのフィギュアスケートファンから愛されている三原舞依選手。

美しく優しい微笑みで軽々とジャンプを跳ぶことのできる選手は、三原舞依選手だけです。

多くのファンを虜にしている三原舞依選手ですので、身長体重や出身高校、そして通っている大学など三原舞依選手のプロフィールが機になる方も多いのではないでしょうか。

今回は、そんな三原舞依選手について詳しくご紹介いたします。

ぽぷコ
ぽぷコ
三原舞依選手は体調が気になるけど大丈夫なのかしら・・・

三原舞依の身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Get well soon, princess ❤ #MaiMihara #三原舞依 #MiharaMai #FigureSkater #figureskating #teamJapan

Mai Mihara Fan(@team_maimihara)がシェアした投稿 –


三原舞依選手の身長は156cmです。

ライバルであり親友でもある坂本花織選手は158cm、トリプルアクセルジャンパーである紀平梨花選手が154cmですので、日本女子フィギュアスケート界の中では平均的な身長なのではないでしょうか。

他の国の選手は割と背が高い選手が多い印象ですので、表彰台に立った時に小さく見えることもありますが、それは他の国の選手の身長が高いからなのでしょう。

また、三原舞依選手の体重については公表はしていませんが、おそらく40kg台前半だと思われます。

坂本花織選手が身長158cmで体重が47kg前後だと思われますので、それよりは軽いでしょう。

しかし、三原舞依選手はここ最近体調不良で入退院を繰り返しているという報道がありました。

どんな病気なのかは明らかにされていませんが、夏に行われた全日本の強化合宿ではこれまで以上に痩せている三原舞依選手の姿があり、世間からは「痩せすぎなのではないか」というような心配の声も多数あがったほどです。

そのため、今の体重はもしかしたらもっと軽い可能性もあります。

三原舞依選手の体調が心配ですが、早く元気になってまた美しい演技を見たいですね。

三原舞依の出身高校は?

三原舞依選手の出身高校は、兵庫県立芦屋高等学校です。

フィギュアスケートの名門校と言えば、大学内に専用のリンクを持っている中京大学や関西大学ですが、三原舞依選手はそこには進学せずに地元・神戸で競技を続ける選択をしたのですね。

芦屋高等学校は公立の高校ですが、スポーツが強い学校なのです。

サッカー部やヨット部、カヌー部、ラグビー部などが強いと言われています。

公立の高校は、大学受験のために部活にあまり力を入れることができないイメージなのですが、芦屋高等学校はスポーツにも力を入れている高校なのですね。

それを考えると、試合や合宿などで遠征の多かったであろう三原舞依選手も、学校側の協力も得られたうえでフィギュアスケートに打ち込むことができていたのではないでしょうか。



三原舞依の大学学部は?

三原舞依選手が現在通っている大学と学部は、兵庫県にある甲南大学経営学部です。

これまで、有名なフィギュアスケートで甲南大学に通っていた選手は記憶にないので、珍しく感じますね。

三原舞依選手は大学進学の際にも、中京大学や関西大学に進学することなく、神戸を拠点に練習することを踏まえて大学を選んだのでしょう。

また、三原舞依選手のすごいところは、甲南大学に指定校推薦で入学したという点です。

指定校推薦を取るためには、高校でかなりいい成績を残していなければいけません

フィギュアスケートでトップクラスにいながらも高校の勉強を怠らず、指定校の推薦まで取っていた三原舞依選手は本当に努力家で真面目なのだということが伝わってきます。

大学生になっても、フィギュアスケートの練習をしながら大学の授業にも行っている、ということで文武両道という言葉がしっくりくる方ですね。

三原舞依の経歴・成績

三原舞依選手は、ノービス時代から活躍していた選手であり、全日本ノービス選手権Aクラスでは3位全日本ジュニア選手権でも8位に入賞していました。

ジュニアに上がると、全日本ジュニア選手権2位初出場となった全日本選手権では12位と大健闘。

ジュニアの国際大会でも何度も優勝し、ジュニアグランプリファイナルにも出場経験があります。

しかし、そのジュニアグランプリファイナルからの帰国直後、若年性突発性関節炎(若年性リウマチ)と診断され、しばらくの間足や肘、肩までも動かすことができず、歩くこともできなくなってしまいました

2015年の全日本選手権は、病院のベッドで見ていたそうです。

当時は、滑ることすらできない状態でしたが「病気に負けたくない」という強い思いで、リハビリや筋力トレーニング、点滴治療を行いました

その結果、復帰戦となった2016年9月のネーベルホルン杯見事優勝しました。

その後は、グランプリシリーズにも出場し、1年前は病室で見ていたという全日本選手権では3位入賞。

また、四大陸選手権ではフリーでパーフェクトな演技を披露して逆転優勝

惜しくも平昌オリンピック出場は逃してしまいましたが、その後も数々の大会で素晴らしい成績を残し、2019年3月のユニバーシアード大会でも優勝しています。

しかし、2019年の夏ごろから体調を崩し、出演・出場予定だったアイスショーや試合を欠場しています。

詳細は明かされていないものの、入退院を繰り返しているということで、現在は三原舞依選手の体調が非常に心配な状況です。

三原舞依がフィギュアスケートを始めたきっかけは?

三原舞依選手がフィギュアスケートを始めたきっかけは、小学校2年生の時にテレビで浅田真央さんの演技を見て憧れたから、なのだそうです。

それでフィギュアスケートを始めて、十何年後かには浅田真央選手と同じ舞台でたたかっていたのですから、三原舞依選手も相当嬉しかったのではないでしょうか。

また、三原舞依選手は小学校2年生の時に始めたそうですが、小学校2年生というと三原舞依選手は9歳の頃にフィギュアスケートを始めたことがわかります。

トップクラスにいるような選手だと、3歳か4歳のとこにフィギュアスケートを始めた選手が多いので、三原舞依選手は遅めのスタートだったのですね。



三原舞依の両親の職業は?

三原舞依選手の両親について、一般の方ですので詳しい情報は公開されていませんでした。

あくまで噂ではありますが、三原舞依選手のお父さまは美容師だそうです。

実家で美容室を経営されていると言われています。

フィギュアスケートはとてもお金のかかるスポーツだと言われていますので、両親の職業は会社経営者やサラリーマンなどが多いイメージでした。

美容師さんとは少し意外ですね。

三原舞依選手のお母さまは、経営している美容室のお手伝いをされているようです。

また、三原舞依選手の送り迎えや健康管理にも気を付けているのでしょう。

家族のサポートなしではフィギュアスケートを続けることはできませんから、三原舞依選手も家族から応援されているのですね。

また、三原舞依選手にはお兄さんがいて、そのお兄さんも美容師さんなんだとか。

お兄さんの結婚式の時のヘアアレンジをお兄さんがやってあげたそうなのですが、とてもかわいかったです。

お兄さんも、こんな可愛い妹がいたらたまらないのでしょうね。

三原舞依の衣装がダサいと言われる理由は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . 舞依ちゃん元気かな🥺 . #maimihara#三原舞依#figureskating #angel#getwellsoonmai

Mai MIHARA fan 🇯🇵(@mai.mihara_angel)がシェアした投稿 –


三原舞依選手の衣装がダサい、という内容のコメントは一切ありませんでした

もし仮にそのような意見があったとしても、それはその人の好みの問題ですからしょうがないでしょう。

しかし全体的には三原舞依選手の衣装について、高評価のコメントのほうが多くありました

三原舞依選手は、「氷上の天使」とも言われており、これまで代表的なプログラムが「シンデレラ」や「ミッション」といった曲から、柔らかいイメージがあります。

衣装も、薄いブルーだったり白だったり、というような淡い衣装が多かったように感じます。

その一方、リベルタンゴのような強い曲調の時には黒い衣装を着ていたこともあり、そういった強いカラーも似合いますね。

三原舞依選手の衣装は毎回素敵なので、次見られる時にはどんな衣装なのかも楽しみですね。

三原舞依と似ていると言われる有名人は?

三原舞依選手の親友でありライバルでもある坂本花織選手は、似ている有名人が多いと言われていますが、三原舞依選手に関してはそのような情報はあまりありませんでした。

強いていうのであれば、横澤夏子さんや藤原美樹さんなどは名前が挙げられていましたが、そんなに似ているという程でもないような気がします。

今後、三原舞依選手に似ている有名人がいましたら、追記いたします。

三原舞依プロフィール


生年月日:1999年8月22日

年齢:20歳

血液型:A型

出身地:兵庫県神戸市

学歴:甲南大学経営学部 在学中

小学校2年生の時に浅田真央さんに憧れてフィギュアスケートを始めた、三原舞依選手。

ジュニア時代には世界ジュニア選手権などにも出場していて順調にいっているかのように思われましたが、若年性突発性関節炎という病気にかかってしまい、身体を動かすことさえも出来なくなってしまいました。

しかしそこで諦めなかった三原舞依選手は、リハビリや筋力トレーニングを懸命に行い、氷の舞台に戻ってきたのです。

復帰戦となった国際大会では、見事優勝を飾り、1年前は病室で見ていたという全日本選手権の舞台では何と3位入賞。

四大陸選手権も制し、これまでの三原舞依選手の人生を知るファンは「氷上のシンデレラ」と称されました。

しかし、2019年の夏ごろから再び体調不良を理由にアイスショーや試合を欠場しています。

詳細は公表されていないため、どういう状態なのかはわかりませんが、早く回復してまた元気な姿を見られるといいですね。

まとめ

  • 三原舞依の身長は156cmで、体重は40kg台前半だと思われる。
  • 三原舞依の出身高校は、兵庫県立芦屋高等学校である。
  • 三原舞依が現在通っているのは、甲南大学経営学部である。
  • 三原舞依はノービス時代から実力のある選手だったが、ジュニア時代に若年性突発性関節炎を発症してしまい、動けない時期があった。
  • 病気になってしまっても諦めることなく復活し、全日本選手権でも表彰台に立ち、四大陸選手権では逆転優勝を果たした。
  • 現在は体調を崩して入退院を繰り返しているようなので、三原舞依の体調が心配である。
  • 三原舞依がフィギュアスケートを始めたきっかけは、浅田真央さんであった。
  • 三原舞依の衣装は毎回素敵で、今後も注目していきたいポイントである。
  • 三原舞依に似ている有名人は、今のところいない。