季節・イベント

箱根駅伝予選会2020予想!開催日程やコース、出場校結果は?

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝2020)が2020年1月2日(往路)1月3日(復路)に開催されます。

箱根駅伝ファンにとっては、今からどの大学が出場するのか?優勝はどの大学か?など、気になることも多いと思います。

まずは10月に行われる予選会についてご紹介します。

ぽぷコ
ぽぷコ
箱根駅伝予選会がなぜ行われるか理由知ってる?本大会に出場できる大学ってどう決まるか知ってる?それが分かるよ~

箱根駅伝2020予選会の結果速報速報

箱根駅伝2020の予選会の順位が出ました。

箱根駅伝2020予選会の順位結果

1位 東京国際大学 10:47:29  3年連続 4回目の出場

2位 神奈川大学 10:50:55  10年連続 51回目の出場

3位 日本体育大学 10:51:09  72年連続 72回目の出場

4位 明治大学 10:51:49  2年連続 61回目の出場

5位 創価大学 10:51:43  3年ぶり 3回目の出場

6位 筑波大学 10:53:18 2 6年ぶり 61回目の出場

7位 日本大学 10:54:29  2年連続 89回目の出場

8位 国士館大学 10:55:21  4年連続 48回目の出場

9位 早稲田大学 10:55:26  44年連続 89回目の出場

10位 中央大学 10:55:46  3年連続 93回目の出場

11位以下は予選通過ならず

箱根駅伝2020予選会開催日の日程は?

第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会は、2019年10月26日(土)に開催されます。

箱根駅伝2020予選会のテレビ放送日程は?

箱根駅伝の予選会は毎年テレビ放送されます。

第96回箱根駅伝予選会

日程:2019年10月26日(土)

時間:9時25分~11時25分

放送:日本テレビ

例年と同じであれば上記の日程で放送されます。

まだ正式ではないので詳細が分かり次第お知らせいたします。



箱根駅伝2020予選会のコースは?

箱根駅伝公式サイトより出典

2020年箱根駅伝の予選会のコースは東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地がスタート地点になっています。

陸上自衛隊立川駐屯地(東京都立川市)

立川市街地

国営昭和記念公園

過去の箱根駅伝予選会では、大井ふ頭コースや昭和記念公園コースなどがコースになって選手たちが走っていたこともあります。

箱根駅伝2020予選会の距離は?

2020年箱根駅伝予選会の距離は21.0975km(ハーフマラソン)です。

第94回大会までは20kmの距離だったのですが、前回大会の第95回からハーフマラソンの距離に変更になりました。

箱根駅伝2020予選会の選考方法は?

箱根駅伝の予選会の選考方式は、各校の上位10名の合計タイムを算出して、予選通過11校が決定します。

箱根駅伝2020予選会のルールは?

2020年の箱根駅伝予選会のルールはどのようになっているのだろう?と思っている方もいらっしゃいますよね。

予選会のルールを知っておくと、さらに箱根駅伝のことがわかり応援に熱が入りますよね。

1校1チームでエントリーします。

(人数は10名以上14名以下、出場人数は10名以上12名以下です)

そして、誰もがエントリーできるわけではなく、10000m34分以内のトラック公認記録を有していることが出場条件になっています。

レースは1時間20分時点で終了します。

と、このような決まりがあるのです。




箱根駅伝2020予選会のスタート順は?

スタートの並び順は、2019年第95回箱根駅伝大会の本選および予選会の順位順になっています。

その他の大学はエントリー選手の上位10名の10000m合計タイムの上位順になります。

2020年の箱根駅伝の予選会スタート順はまだ決定していないので、分かり次第お知らせいたします。

箱根駅伝2020予選会出場校・出場選手

2020年予選会の順位を2019年「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」の結果などから予想してみました。

※正式な情報がでましたら訂正・追記いたします。

まず、「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」の順位はこちらになります。

1位~10位

1位 東海大学(10時間52分09秒)
2位 青山学院大学(10時間55分50秒)
3位 東洋大学(10時間58分03秒)
4位 駒沢大学(11時間01分05秒)
5位 帝京大学(11時間03分10秒)
6位 法政大学(11時間03分57秒)
7位 国学院大学(11時間05分32秒)
8位 順天堂大学 (11時間08分35秒)
9位 拓殖大学 (11時間09分10秒)
10位 中央学院大学(11時間09分23秒)

この1位~10位のチームはすでにシード権を獲得しているので予選会には参加しません。

今回の予選会を突破するチームはやはり第95回大会に出場しているチームが濃厚です。

ただ、昨年は95回大会という記念大会だったので出場校がいつもより2校多かったのですが通常20校+学生選抜の合計21チームで争います。

第95回大会の11位から22位までのチームはこちらになります。

11位~22位

11位 中央大学(11時間10分39秒)
12位 早稲田大学(11時間10分39秒)
13位 日本体育大学(11時間12分17秒)
14位 日本大学(11時間13分25秒)
15位 東京国際大学(11時間14分42秒)
16位 神奈川大学 (11時間15分51秒)
17位 明治大学(11時間16分42秒)
18位 国士舘大学(11時間16分56秒)
19位 大東文化大学(11時間19分48秒)
20位 城西大学(11時間19分57秒)
21位 山梨学院大学(11時間24分49秒)
22位 上武大学(11時間31分14秒)
OP 関東学生連合(11時間21分51秒)

やはり、毎年参加している強豪チームが多いです。

なかでも、昨年シード落ちしたこの4チーム(・早稲田大学・日本体育大学・城西大学・日本大学)が第96回大会のシード権を剥奪すべく予選会も気合をいれて参加することが予想されます。

昨年度シード権を失った4校
  • 早稲田大学
  • 日本体育大学
  • 城西大学
  • 日本大学

そして、正式に出場校が発表されるのは10月あたまではありますが、2019年の予選会に出場した大学はおそらく出場濃厚です。

2020年箱根駅伝予選会順位予想(出雲駅伝前)

1位 早稲田大学
2位 日本体育大学
3位 城西大学
4位 日本大学
5位 中央大学
6位 神奈川大学
7位 東京国際大学
8位 国学院大学
9位 明治大学
10位 大東文化大学

このような感じで順位がきまるのではないかと予想します。

2019年10月14日に行われた出雲駅伝大会での優勝は國學院大學でした。

その結果を参考にさらに2020年箱根駅伝の予選会の順位予想をしなおしました。

2020年箱根駅伝予選会順位予想(出雲駅伝後)

1位早稲田大学
2位日本体育大学
3位城西大学
4位国学院大学
5位日本大学
6位中央大学
7位神奈川大学
8位東京国際大学
9位明治大学
10位大東文化大学

このような感じになりました。

箱根駅伝予選会2020出場校エントリー選手

出場校のエントリー選手の発表がありました。

この大会の予想で上位(1位~5位)に予想したチームのエントリー選手を紹介します。

○は主将

早稲田大学

尼子風斗  4年  30分22秒94
伊澤優人  4年  29分31秒93
遠藤宏夢  4年 29分39秒27
○太田智樹 4年 28分56秒32
三上多聞  4年 29分46秒49
宍倉健浩  3年 29分19秒98
吉田匠   3年  29分58秒90
太田直希  2年   29分21秒83
千明龍之佑 2年  29分03秒19
中谷雄飛   2年  28分50秒77
向井悠介  2年  29分32秒41
山口賢助   2年  29分52秒11
井川龍人   1年 29分42秒03
鈴木創士   1年 29分26秒34

日本体育大学

白永智彦 4年 29分40秒41
冨田真佑 4年 29分44秒63
中川翔太 4年 29分14秒70
廻谷賢  4年 29分25秒75
山口和也 4年 29分16秒79
池田耀平 3年 29分13秒11
太田哲朗 3年 30分23秒39
嶋野太海 3年 29分48秒47
野上翔大 3年 30分15秒29
大内宏樹 2年 29分45秒08
佐藤慎巴 2年 29分56秒03
名村樹哉 1年 30分26秒96
藤本珠輝 1年 30分14秒18
盛本聖也 1年 29分54秒86

城西大学

荻久保寛也 4年 28分37秒66
中原佑仁  4年 29分33秒40
○西嶋雄伸 4年 29分38秒27
宮澤真太  4年 29分45秒12
大里凌央  3年 29分28秒67
菊地駿弥  3年 28分47秒75
雲井崚太  3年 29分48秒13
菅原伊織  3年 29分16秒50
田部雄作  3年 30分06秒87
野上亮祐  3年 30分00秒58
北村歩夢  2年 30分14秒57
志賀颯太  2年 30分09秒78
松尾鴻雅  2年 29分39秒53
熊谷奨   1年 30分31秒95

国学院大学

石川智康  4年  29分55秒84
○鼡田章宏 4年  29分28秒17
濵田錬   4年  30分30秒82
福田有馬  4年  30分21秒51
加藤直人  3年  29分47秒29
杉本日向  3年  30分21秒92
荻原陸斗  2年  29分53秒76
木榑杏祐  2年  30分00秒22
小早川寛人 2年  29分52秒54
清水拓斗  2年  29分36秒88
ライモイヴィンセント2年  28分03秒74
清水悠雅  1年  30分10秒07
綱島辰弥  1年  29分49秒59
福井大夢  1年  29分57秒17

日本大学

金子智哉  4年 30分13秒23
廣田全規  4年 30分20秒80
○松木之衣 4年 30分14秒16
小林陸大  3年 29分55秒92
武田悠太郎 3年 29分20秒52
野田啓太    3年 29分13秒51
横山徹   3年 29分14秒10
大倉真亜玖 2年 31分17秒75
橋口大希  2年 30分29秒74
小野修平  1年 30分20秒61
チャールズドゥング1年 28分12秒34
樋口翔太  1年 29分21秒62
八木志樹  1年 29分41秒85
若山岳   1年 30分28秒10

箱根駅伝予選会2020出場校の注目選手は?

箱根駅伝予選会の注目選手をみていきたいと思います。

早稲田大学

まずは、2019年の箱根駅伝のシード権を逃してしまった早稲田大学です。

中谷雄飛のプロフィール


名前:中谷雄飛

生年月日:1999年6月11日

年齢/学年:20才 2年

出身地:長野県諏訪郡

学歴:佐久長聖高校

身長:169cm

体重:57㎏

経歴:

中谷選手は1年生のときに三大駅伝すべて出場しています。

早稲田のエースと言われており、今回初の箱根予選会出場になりますが安定した成績をいま

までも残しているのでいい結果をだすと思われます。

日本体育大学

4年ぶりにシード権を獲得できなかったので2020年箱根駅伝では巻返しにかかるのではないでしょうか?

まずは予選突破が条件ではありますが、4年生3年生の主力選手がいい状態で出場すれば予選突破、本大会の活躍が期待されるのではないでしょうか。

中川翔太のプロフィール


名前:中川翔太

生年月日:1997年8月17日

年齢/学年:22才 4年生

出身地:熊本・宇城市

学歴:九州学院

身長:164cm

体重:50㎏

経歴:

2017.2018、2019年、箱根駅伝を経験しています。今年はどのような走りをみせてくれるか楽しみです。4年連続出場してほしいですね。

明治大学

明治大学は6月に行われた全日本駅伝大会関東予選会で2位の成績をおさめています。

小袖英人のプロフィール


名前:小袖英人

生年月日:1998年5月5日生まれ

年齢/学年:21才 3年生

出身地:青森県

学歴:八戸学院光星高

身長:173cm

体重:53㎏

経歴:

今年6月に行われて全日本駅伝大会関東予選会で明治大学のメンバーの中で一番早いタイムでフィニッシュしました。

ネット上ではイケメンとも言われ人気があるようです。

ぜひ予選会を突破し箱根駅伝で走る姿を応援したいですね。

東京国際大学

東京国際大学は留学生のイェゴン・ヴィンセント(1年)が圧倒的な強さをみせていますが

日本人選手での注目選手は伊藤達彦選手です

伊藤達彦のプロフィール


名前:伊藤達彦

生年月日:1998年3月23日

年齢/学年:21才 4年生

出身地:静岡・浜松市

学歴:浜松商

身長:169cm

体重:50㎏

経歴:

過去の箱根での記録や成績は2018年、2年生の時に初出場し、結果は2区を走って区間15

位でした。

2019年の箱根駅伝は2区11位でした。

2019年3月10日に行われてた学生ハーフでは3位の成績でした。

城西大学

城西大学は2019年大会でシードを剥奪されてしまったので2020年は奪い取りにくる可能

性大のチームです。

中でも菊池選手が活躍してくれるのではないでしょうか。

菊地駿弥のプロフィール


名前:菊地駿弥

生年月日:1998年7月26日

年齢/学年:21歳 3年

出身地:栃木・宇都宮市

学歴:作新学院

身長:166cm

体重:53㎏

経歴:

箱根駅伝は2018年大会で1年生の時6区を走って区間17位でした。

菊地駿弥選手(城西大)の兄は城西大学のエースとして活躍した菊地聡之さん。

箱根駅伝にも出場していて、2016年の箱根駅伝では花の2区を区間7位で走った選手です。

自己ベスト5000mが14分26秒68

10000mが30分44秒72です。

箱根駅伝2019予選会に参加した大学

  • 順天堂大学
  • 國學院大学
  • 駒澤大学
  • 神奈川大学
  • 中央大学
  • 大東文化大学
  • 東京国際大学
  • 山梨学院大学
  • 国士館大学
  • 上武大学
  • 創価大学
  • 明治大学
  • 専修大学
  • 麗澤大学
  • 東京農業大学
  • 日本薬科大学
  • 流通経済大学
  • 筑波大学
  • 亜細亜大学
  • 桜美林大学
  • 平成国際大学
  • 駿河台大学
  • 関東学院大学
  • 武蔵野学院大学
  • 明治学院大学
  • 慶応義塾大学
  • 東京経済大学
  • 立教大学
  • 東京情報大学
  • 東京大学
  • 東京理科大学
  • 学習院大学
  • 上智大学
  • 一橋大学
  • 帝京平成大学
  • 首都大学東京
  • 東京工業大学
  • 防衛大学校
  • 高崎経済大学

となっています。

箱根駅伝2020予選会の予想順位と結果は?

箱根駅伝2020予選会の順位を2019年「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」の結果などから予想してみました。

まず、箱根駅伝2019「第95回東京箱根間往復大学駅伝競走」の順位はこちらになります。

第95回東京箱根間往復大学駅伝1位~10位

1位 東海大学(10時間52分09秒)
2位 青山学院大学(10時間55分50秒)
3位 東洋大学(10時間58分03秒)
4位 駒沢大学(11時間01分05秒)
5位 帝京大学(11時間03分10秒)
6位 法政大学(11時間03分57秒)
7位 国学院大学(11時間05分32秒)
8位 順天堂大学 (11時間08分35秒)
9位 拓殖大学(11時間09分10秒)
10位 中央学院大学(11時間09分23秒)

この1位~10位のチームはすでにシード権を獲得しているので予選会には参加しません。

今回の箱根駅伝2020予選会を突破するチームはやはり第95回大会に出場しているチームが濃厚です。

ただ、昨年は95回大会という記念大会だったので出場校がいつもより2校多かったのですが通常20校+学生選抜の合計21チームで争います。

第95回大会の11位から22位までのチームはこちらになります。

第95回東京箱根間往復大学駅伝11位~22位

11位 中央大学(11時間10分39秒)
12位 早稲田大学(11時間10分39秒)
13位 日本体育大学(11時間12分17秒)
14位 日本大学(11時間13分25秒)
15位 東京国際大学(11時間14分42秒)
16位 神奈川大学 (11時間15分51秒)
17位 明治大学(11時間16分42秒)
18位 国士舘大学(11時間16分56秒)
19位 大東文化大学(11時間19分48秒)
20位 城西大学(11時間19分57秒)
21位 山梨学院大学(11時間24分49秒)
22位 上武大学(11時間31分14秒)
OP 関東学生連合(11時間21分51秒)

やはり、毎年参加している強豪チームが多いです。

なかでも、昨年シード落ちしたこの4チーム(早稲田大学/日本体育大学/城西大学/日本大学)が第96回大会のシード権を剥奪すべく予選会も気合をいれて参加することが予想されます。

箱根駅伝2020予選会順位予想

1位早稲田大学
2位日本体育大学
3位城西大学
4位日本大学
5位中央大学
6位神奈川大学
7位東京国際大学
8位国学院大学
9位明治大学
10位大東文化大学

このような感じで順位がきまるのではないかと予想します。

結果については後日追記します。



箱根駅伝2020本選出場校一覧

2020年箱根駅伝の本選出場が決定しているシード校10校は

  • 東海大学
  • 青山学院大学
  • 東洋大学
  • 駒澤大学
  • 帝京大学
  • 法政大学
  • 國學院大学
  • 順天堂大学
  • 拓殖大学
  • 中央学院大学

95回大会の1位~10位に入賞した大学です。

箱根駅伝本選出場チームと注目選手

そして、2020年度箱根駅伝本選に出場する注目チームと注目選手はこちらです。

東海大学(第95回大会総合優勝)


東海大学は前大会では3年生が主体のチームだったため2020年度の体系でも4年生としてチームに残ります

4区区間2位の舘澤享次選手や7区区間2位の阪口竜平選手が2020年も箱根駅伝に出場すると活躍の期待が大きいです。

舘澤享次選手


名前:舘澤享次

生年月日:1997年5月16日

年齢:22才

出身地:神奈川県横浜市

血液型

学歴:埼玉栄高校→東海大学

身長:172cm

体重:61キロ

第101回日本陸上競技選手権大会1500mで出場し初優勝

阪口竜平選手


名前:阪口竜平

生年月日:1997年4月5日

年齢:22才

出身地:京都府八幡市

血液型

学歴:洛南高等学校(らくなんこうとうがっこう)→東海大学

身長:173cm

体重:54キロ

2019年兵庫リレーカーニバル3000mSCグランプリ優勝

青山学院大学(第95回大会総合準優勝)

 


青山学院大学は2019年度の大会で活躍した4年生が5人も抜けてしまうため、2020年は新しいチーム体制になっていると思われます。

どのようなチーム体制になっているか注目です。

東洋大学(第95回大会総合3位)


東洋大学はハーフマラソンを中心に力をいれて練習しているので10000mで目立つような早い選手はいませんが毎回優勝争いをするとても強いチームなので2020年の箱根駅伝も注目です。

ここまでは2019年上位3位チームですが、それ以外の注目チームはこちらです。

國學院大学(第95回大会総合7位)

國學院大學の注目箇所は、2019年大会の往路に出場した選手が2020年も全員残っている所です。

2020年の箱根駅伝もそのまま同じように登録されるのか、復路で抜けてしまった4年生のところを考えチームを組み立てなおすのか注目です。

また、5区で区間新記録を出した浦野選手も注目です。

浦野雄平選手


名前:浦野雄平

生年月日:1997年11月1日

年齢:21才

出身地:富山県氷見市

血液型

学歴:國學院大學

身長:167cm

体重:52キロ

2019年箱根駅伝大会5区で区間新記録




 

まとめ

  • 第96回東京箱根間往復大学駅伝競走予選会は2019年10月26日(土)開催
  • 予選会出場校は95回 東京箱根間往復大学駅伝でシード権を獲得できなかったチーム
  • 予選会の距離は第94回大会までは20kmの距離だったが前回大会の第95回からハーフマラソンの距離に変更