芸能人・有名人

PRODUCE101JAPAN第6話ネタバレ!グループバトル評価の結果は?

PRODUCE101JAPAN第6話では、グループバトル評価に向けてのグループ分け、さらに課題曲争奪戦の様子とグループバトル評価前半が放送されました。

推しの練習生がどんなチームになって、どんな曲を歌ったのか気になりますよね。

そしてグループバトル評価の結果は!?

PRODUCE101JAPAN第6話のネタバレとともに、グループバトル評価についての結果について詳しくまとめました。

ぽぷコ
ぽぷコ
ネタバレですので知りたくない人は閲覧注意です!!

PRODUCE101JAPAN6話ネタバレ


10月30日放送、31日GyaO!配信のPRODUCE101JAPAN第6話。

前回の順位発表式で、残った60人の練習生たちはさらなるバトルに進みます

次の第2回順位発表式では、35位(35人)までしか残れません

と、いうことはまたここで頑張らないと25人カットされてしまいます!

前回までの得票数はリセットされて、今回からまた0に戻っての勝負です。

と、なると第1回順位発表式で良い順位だったからといって安心してはいられません。

このグループバトルで良い成績を残して35人に残らないと、次のコンセプト評価には出られません。

練習生たちは、先日からの国民プロデューサーによるマッチング投票によって、すでにグループも決まりコンセプト評価の練習をしているはずですが、60人で決めたメンバーで練習しはじめても、今回のグループバトル後、第2回順位発表式を経て、残った35人しかコンセプト評価のステージには立てないのです。

とても残酷なシステムですが、そのまま残ってコンセプト評価のステージに立つためには、超重要なバトルとなるので、練習生たちも必死です。

ではいろいろ考えた結果、代表練習生たちが選んで決めたグループメンバーをみていきましょう。

え!?なんで!?が、続出したメンバー選びの結果です。

PRODUCE101JAPANグループバトルのメンバーは?

★川尻チーム

川尻連、浦野秀太、川西拓実、キム・ヒチョン、上原潤、大澤駿也

★豆原チーム

豆原一成、チョン・ヨンフン、鶴房汐恩、キム・ユンドン、河野純喜、磨田寛大

★大平チーム

大平翔生、男澤直樹、佐藤來良、井上港人、本田康佑、安慶田真樹

★宮島チーム

宮島優心、木全翔也、佐藤景瑚、中西空、中本大賀、岡田武大

★安藤チーム

安藤誠明、佐野文哉、白岩瑠姫、今西正彦、與那城奨、内田脩斗

★青木チーム

青木聖波、福地正、岡野海斗、北川暉、床波志音、西尾航暉

★林チーム

林龍太、三井瞭、小松倖真、瀧澤翼、山田恭、寺師敬

★井汲チーム

井汲大翔、イ・ミンヒョク、佐藤隆士、佐々木真生、中林登生、北岡謙人

★北川チーム

北川玲叶、片上勇士、中野龍之介、岩崎琉斗、鈴木雅、古屋亮人

★宮里チーム

宮里龍斗志、金城碧海、渡辺龍星、安藤優、中谷日向、草野稜之

上位練習生から、自分がこの人を!と、思う練習生を各5人選択し6人グループを作ります。

その後残った練習生の中の上位練習生が4名を選択。

最後まで呼ばれなかった9人の練習生たちは、逆指名として自らどのチームに入るか決めるのですが、実力のあるチームに入ることをためらう練習生、人気チームに呼ばれたけれど、実力の差に葛藤する練習生と、今回もいろいろなドラマがありました。

今回のグループバトルも、現場評価となっています。

決めるのは各グループの1位と個人総合1位の練習生。

そして、毎回びっくりするほど高(額?)なボーナスポイント!

今回は…

  • 国民プロデューサーの投票により、グループ内で1位の練習生には20,000票
  • 国民プロデューサーの投票により総合評価1位の練習生には50,000票
  • 国民プロデューサーの投票により最多得票チーム6人全員に100,000票

今回も破格のボーナスポイントとなっています。

これを取れれば勝てる!

おそらく残留決定です。

しかし、これを逃してしまえば現在上位の練習生でも次の順位がガクッと下がる可能性が大きいですね。

やはり、このバトルが次の順位発表式にかなり影響してきそうです。

PRODUCE101JAPANグループバトル評価の結果は?

第6話では前半3チームのステージが放送されました。

グループバトル評価の結果は次の通りです。(後半は放送され次第追記します。)

●センター,〇リーダー

★宮島チーム

課題曲:EXO「LOVE ME RIGHT」

1位 ●木全翔也
2位  宮島優心
3位  佐藤景瑚
4位 〇中本大賀
5位  中西空
6位  岡田武大

★青木チーム

課題曲:DA PUMP 「if…」

1位 ●床波志音
2位  岡野海斗
3位 〇北川暉
4位  福地正
5位  青木聖波
6位  西尾航暉

★豆原チーム

課題曲:BTS防弾少年団「FIRE」

1位 ●豆原一成、
2位  鶴房汐恩
3位  キム・ユンドン
4位 〇チョン・ヨンフン
5位  河野純喜
6位  磨田寛大

PRODUCE101JAPAN30位までに残った練習生は?

第2回順位発表式にて35人残留、25人脱落となりますので、発表され次第追記しますので少々お待ちください。

グループバトルの結果によるボーナスポイントが順位の決め手になりそうです。

PRODUCE101JAPANグループバトル評価を見た人の感想は?

放送終了後から、いろんな感想が飛び交っています。

現在出演している練習生たちは、SNSの発信は規制されていますが、見るのはできるということが、前回放送の鶴房汐恩くんのコメントや、脱落してしまった練習生たちからの話でわかっていて、練習生たちは結構な「エゴサ」をしているようです。

推しの順位が低かった、またはこれからの激励を込めたツイートも多く見かけられました。

練習生たち、見てくれたかな?

グループを指名で決めたのはいいけれど、ポジションまで考えて決める練習生はわずか…。

とりあえず指名したけれど、グループとしてのポジション構成が上手く行かなかったグループも見かけられました。

今回は、人数が減ったから?一人ひとりの放送分量が増えました!

無難にこなして問題のない練習生はまだ分量少な目でしたが、今まではほとんど注目をあびることがなかった練習生もしっかりフューチャーされていたので密度が濃かったです。

そして、初回の席決めの時もそうでしたが、なんといってもPRODUCE101JAPAN、日プです。

日本人特有の遠慮というか控えめというか…ここでチャレンジしてみよう!よりも周りの迷惑にならないように…というグループの選択の仕方…韓国プデュでは本当に人生賭けてきた練習生たちばかりだったので、ギャップを感じました。

韓国プデュ視聴者にはその点が伝わったようですね。

自身がなければ努力でカバー!

全練習生たち!

デビュー評価まで残り時間は少ないです!

全員ファイティン!!

PRODUCE101JAPAN第6話最新順位

前回までの投票数がリセットされたため、王者豆原一成君が4位に落ちるという衝撃の結果となりました。

そして1位はダンスも歌も経験ゼロの川西拓実くん

才能の塊であることが証明されました!!

この順位に今回のバトルのボーナスポイントが加算されればまた下剋上が起きそうです!!

第6話最新順位

1位 川西 拓実
2位 川尻 蓮
3位 鶴房 汐恩
4位 豆原 一成
5位 キム・ユンドン
6位 キム・ヒチョン
7位 チョン・ヨンフン
8位 大澤 駿弥
9位 大平 翔生
10位 河野 純喜
11位 安藤 誠明
12位 宮島 優心
13位 本田 康祐
14位 佐藤 景瑚
15位 青木 聖波
16位 白岩 瑠姫
17位 木全 翔也
18位 佐藤 來良
19位 與那城 奨
20位 今西 正彦
21位 床波 志音
22位 上原 潤
23位 北川 玲叶
24位 宮里  龍斗志
25位 男澤 直樹
26位 金城 碧海
27位 福地 正
28位 井上 港人
29位 小松 倖真
30位 岡野 海斗
31位 中本 大賀
32位 中里 空
33位 井汲 大翔
34位 三井 瞭
35位 瀧澤 翼
36位 佐藤 隆士
37位 佐野 文哉
38位 イ・ミンヒョク
39位 山田 恭
40位 寺師 敬
41位 磨田 寛大
42位 安藤 優
43位 北岡 謙人
44位 古屋 亮人
45位 佐々木 真生
46位 岩崎 琉斗
47位 北川 暉
48位 草地 稜之
49位 林 龍太
50位 岡田 武大
51位 安慶田 真樹
52位 中野 龍之介
53位 西尾 航暉
54位 中谷 日向
55位 中林 登生
56位 渡辺 龍星
57位 浦野 秀太
58位 片上 勇士
59位 鈴木 雅
60位 内田 脩斗




まとめ

  • PRODUCE101JAPAN6話ネタバレは、グループ評価チームメンバーの構成、グループバトル前半3チームの結果発表、現時点での順位発表がありました。
  • PRODUCE101JAPAN6話最新順位は、1位川西拓実2位川尻蓮3位鶴房汐恩という結果。