芸能人・有名人

パクボゴムの身長体重年齢は?家族構成や家族写真がない理由

韓国俳優パクボゴムさんの家族構成や家族写真がないことが、ファンの間で話題を呼んでいます。

そこで今回は韓国俳優パクボゴムさんの身長体重と共に家族構成や家族写真をご紹介します。

パクボゴムさんの身長体重、ハングル表記、現在の年齢、出身高校や大学、これまでのドラマや映画出演作やデビューのきっかけなどをご紹介しながら、壮絶すぎた幼少期やパクボゴムさんの知られざる家族エピソードも合わせてチェックしていきましょう。

ぽぷコ
ぽぷコ
パクボゴムって壮絶すぎた幼少期を送っていたの??気になる!!

パクボゴムの身長体重は?


数多くのドラマや映画に出演し、韓国でも日本でも大人気の韓国俳優・パクボゴムさん。

可愛らしい笑顔が特に人気を集めており、若い方からご年配の方まで幅広い世代の人気を獲得しています。

パクボゴムさんの家族構成や家族写真が一枚もないという真相をご紹介する前に、まずはパクボゴムさんの身長体重をご紹介しましょう。


気になるパクボゴムさんの身長体重は、身長が182cm体重が65kgと公表されています。

ドラマや映画の役作りのため、体重は3kgほど増減することもあるようですが、身長体重を見てみるとまるでモデルのような体型であることが分かりますね。


ちなみにパクボゴムさんの身長体重と数値が同じ俳優さんも、韓国には多くいます。

人気俳優チチャンウクさんやヒョヌさんもパクボゴムさんと同じく182cm65kgという身長体重です。

どの俳優さんも非常にスタイルが良く、スラリとした印象を持っているため雑誌のグラビアなどでも活躍を見せています。

パクボゴムのハングル表記は?


韓国俳優パクボゴムさんの正式な表記は「パク・ボゴム」です。

パクが苗字であり、ボゴムが名前にあたります。

パクボゴムさんの名前をハングルで表記すると「박보검」となります。

下の名前だけを表記する際は「보검」となるので覚えておきましょう。

イベントなどのイベントなどで手作りのうちわやスローガンを作る際には、ぜひハングル表記を使ってみてくださいね。



パクボゴムの年齢は?


時代劇ドラマから青春ドラマまで、幅広いジャンルのドラマで大活躍している韓国俳優パクボゴムさん。

とても可愛らしい笑顔を持っているため、視聴者の方からは実際の年齢より若く見られることが多いと言います。

パクボゴムさんは1993年生まれのため、現在の年齢は26歳です。

しかし、これは日本の年齢の数え方であり、韓国では2020年に数え年で28歳を迎えます。


韓国の数え年で、今年28歳となるパクボゴムさんですが、同年代の俳優さんも多いのが特徴です。

俳優グループ5urprise(サプライズ)のメンバー・ソガンジュンさんや、ユスンホさん、イヒョヌさんもパクボゴムさんと同じく1993年生まれとして知られています。


また1993年生まれの韓国アイドルはさらに多く、BTSシュガさんやSHINeeテミンさん、EXOディオさんやVIXXラビさん、IUさんやApinkウンジさんもパクボゴムさんと同じ年齢です。

1993年生まれの芸能人は“奇跡の世代”や“黄金世代”と呼ばれることも多く、アイドルや俳優さんの多くが大活躍を見せています。

パクボゴムの出身高校は?


韓国俳優パクボゴムさんは、韓国ソウル特別市で生まれ育ちました。

パクボゴムさんの地元はソウル特別市陽川区(ヤンチョング)で、近所の木洞(モクドン)中学校を卒業後、高校へ進学。

パクボゴムさんが通っていた高校は「新木(シンモク)高等学校」であることが公表されています。

新木高等学校も陽川区にあるため、パクボゴムさんは自宅から近い高校へ進学したようですね。


ちなみに、韓国女優シンセギョンさんもパクボゴムさんと同じ新木高等学校の卒業生です。

シンセギョンさんは1990年生まれのため、パクボゴムさんより3年ほど早く卒業しています。

その他にもフィギュアスケーターなどを輩出しており、文武両道をモットーにしていることで知られています。

パクボゴムの大学は?


新木高等学校を卒業したパクボゴムさんは、大学へ進学しています。

パクボゴムさんが通っていた大学は明知(ミョンジ)大学校で、芸術体育学部映画ミュージカル学科を卒業しました。

パクボゴムさんは明知大学を2018年2月に卒業しており、この時すでに俳優として大活躍中

そのため、卒業式には多くのメディアやファンが駆けつけ、パクボゴムさんは卒業式で功労賞・金賞を授与されています。


パクボゴムさんの名前が呼ばれると、卒業生たちや出席者から大きな歓声が上がっています。

お辞儀をすることを一瞬忘れていたようで、急いでお辞儀をしていますがこのように少し天然っぽい部分もパクボゴムさんが愛されている魅力のひとつです。

パクボゴムの経歴は?

韓国俳優パクボゴムさんの身長体重や年齢、出身高校や大学をご紹介したところで、ここからはパクボゴムさんの華麗なる経歴をチェックしていきましょう。

まずは、パクボゴムさんが出演したドラマや映画作品をまとめてご紹介します。

ドラマ

  • ワンダフル・ママ(2013年、SBS)
  • 本当に良い時代(2014年、KBS)
  • ネイルカンタービレ(2014年、KBS)
  • プロデューサー(2015年、KBS) ※特別出演
  • 君を憶えてる(2015年、KBS)
  • 応答せよ1988(2015年 – 2016年、tvN)
  • 雲が描いた月明り(2016年、KBS2)
  • ボーイフレンド(2018年、tvN)

デビュー以降、脇役も多かったパクボゴムさんですが2016年に放送された『雲が描いた月明り』、2018年に放送された『ボーイフレンド』ではついに主演の座を獲得しています。

映画

  • ブラインド(2011年)
  • チャ刑事(2012年)
  • 最後まで行く(2014年)
  • バトル・オーシャン 海上決戦(2014年)
  • キラキラわくわく(2015年)
  • コインロッカーの女(2015年)
  • 徐福(2019年)

映画でも主に脇役を務め、2019年に制作された『徐福』で初めての映画主演を務めました。

パクボゴムさん主演『徐福』はすでに撮影が全て終了しており、2020年上半期に韓国で公開される予定です。

ドラマや映画の他に、音楽番組『ミュージックバンク』のMCやバラエティー番組『花より青春3〜アフリカ編〜』でも大活躍を見せたパクボゴムさん。

その活躍が高く評価され、これまで多くの賞を受賞しました。

2015年
  • KBS演技大賞-男性助演賞、男性人気賞
  • KBS芸能大賞-ショー娯楽部門 男性新人賞
2016年
  • KBS演技大賞 – 男性最優秀賞、ネチズン賞、ベストカップル賞
  • 第1回Asia Artist Awards – アジアスター賞、ドラマ部門 ベストスター賞
  • 第1回tvN10アワーズ – tvNアジア賞
  • 第5回アジア太平洋スターアワーズ – 男性新人賞
  • 第4回ドラマフィーバーアワーズ – ベストライジングスター賞、ベストキス賞
  • 第52回百想芸術大賞 – インスタイルベストスタイル賞
  • 第16回音楽風雲榜年度授賞式 – 今年の海外最高ベストアーティスト賞
  • 第11回マックスムービー 最高の映画賞 – ライジングスター賞
  • スタイルアイコンアジアアワーズ – 本賞
2017年
  • 韓国観光の星 – 功労者部門
  • 第8回大衆文化芸術賞 – 文化体育観光部長官表彰
  • 第12回ソウルドラマアワーズ – 韓流ドラマ男性演技賞
  • 第53回百想芸術大賞 – TV部門 男性人気賞
  • 第16回大韓民国国会大賞 – 演技部門
  • 大韓民国ファストブランド大賞 – 特別賞
  • ファッショニスタアワーズ – 今年のベスト男性部門

特に賞を多く受賞したのは2016年で、ドラマ『応答せよ1988』や『雲が描いた月明り』が非常に高く評価されていたことが分かりますね。

また、身長体重の項目でご紹介したようにパクボゴムさんはスタイルが良いことから、ファッションブランドのモデルも務めています。

そのため、ファッション関係の賞もいくつか受賞されています。

パクボゴムのデビューのきっかけは?

今では数多くのドラマや映画に出演し、バラエティー番組やCMなどでも大活躍しているパクボゴムさんですが、デビュー当時は苦労したことも多かったようです。

パクボゴムさんは2011年に映画『ブラインド』でデビューし、そのきっかけは「音楽」でした。

パクボゴムさんは幼少期からピアノや歌を趣味にしており、ピアノで弾き語りをしている映像をレコード会社などに送っていたのだとか。

そこで一早くパクボゴムさんに返信を送ってきたのが、当時映画やドラマなどを多く手掛けていた大手芸能事務所「サイダスHQ」でした。

元々、ミュージシャンになりたいと考えていたパクボゴムさんはサイダスHQの研究生として下積みを続けますが、ある日「演技の方が向いているのではないか」と言われ、俳優を志すようになります

その後、2011年に映画でデビューを果たし、その翌年2012年に俳優チャテヒョンさんがマネージャーと共に設立した「ブロッサムエンターテインメント」に移籍をしています。

パクボゴムの家族構成は?

韓国の方は、日頃からとても家族を大切にしていることで有名です。

そこで気になるのがパクボゴムさんの家族構成ではないでしょうか?

好きな俳優さんやアイドルの家族構成を知ると、さらにその人に近づけたような気分になりますよね。

ここでは韓国俳優パクボゴムさんの家族構成をご紹介しましょう。

パクボゴムさんは5人家族であり、その家族構成は父、母、姉、兄となっています。

お姉さんとは10歳、お兄さんとは9歳の年齢差があり、末っ子としてとても可愛がられてきたようです。

パクボゴムさんは愛嬌が多く、可愛らしい雰囲気も持っているため「末っ子」というのも納得できますね。

その一方で、お母様がすでに亡くなられているため、現在の家族構成は4人ということも明らかになっています。

パクボゴムの家族エピソードが壮絶すぎ?

両親、姉、兄、そして自分という家族構成で生まれ育ったパクボゴムさん。

しかし、パクボゴムさんは幸せな家庭とは程遠い、壮絶な家族エピソードを持っています。

ここでは壮絶と言われているパクボゴムさんの家族エピソードをご紹介しましょう。

家族構成でもご紹介したように、パクボゴムさんはすでにお母様を亡くされています

お母様が他界したのはパクボゴムさんが小学4年生だった頃

歳が離れているお姉さんとお兄さんは、この時すでに20歳と19歳だったため、パクボゴムさんのお母さん代わりもしていたようです。

小学生でお母様を亡くされたパクボゴムさんは、お母様への想いがとても強く、今でもバラエティー番組などでつい涙を流してしまうこともあるのだとか。

しかし、パクボゴムさんの壮絶な家族エピソードはまだ始まったばかりでした。

— 박보검 (@BOGUMMY) October 1, 2013

パクボゴムさんが15歳になった頃、事業をしていたお父様が貸金業者から3億ウォン(当時の金額で2800万円)ほどを借金しています。

その時、未成年者であるパクボゴムさんを連帯保証人に立てたのです。

しかし、その後も事業は失敗続きで、6年後には借金が8億ウォン(7400万円)になってしまいます。

すでに俳優としての仕事をスタートさせていたパクボゴムさんですが、貸金業者は連帯保証人であるパクボゴムさんに借金の返済を求めます。

しかし、自分が連帯保証人になっていることさえ知らなかったパクボゴムさんはこれを拒否し、2014年に貸金業者を相手取り、訴訟を起こしました。

その後、裁判所から「パクボゴムの父親が借金の一部を返済し、残りは帳消しにしなさい」という和解勧告が出されます。

しかし、所得に対して返済する金額が大きすぎると判断したパクボゴムさんはこれを拒否し、2014年12月に自己破産を申請しました。

その後、裁判所はこの申請を受け入れ、手続きを開始。

2016年にはパクボゴムさんが背負った借金を、どれだけ返済するべきかの審査も行われ、2016年9月を持って破産手続きは全て完了となっています。

幼い頃にお母様を亡くされ、若くしてお父様の借金を肩代わりすることになってしまったパクボゴムさん。

返済すべき借金の金額は明らかにされていませんが、何も知らない未成年者を連帯保証人にしたお父様にも責任はあるはずなので、借金がゼロになったとは考えにくいですね。

パクボゴムさんはこの頃『応答せよ1988』の撮影中だったこともあり、破産のニュースは大々的に報じられました。

パクボゴムさん自身が借りたお金ではありませんが、家族の勝手な行動によって「破産した」「借金を背負っている」というイメージが付いてしまったのがとても可哀想に感じます。



パクボゴムの家族写真がない理由は?


壮絶な家族エピソードを持っているパクボゴムさんですが、パクボゴムさんは家族写真が一枚もないことも明かしています

大人になって家族写真を撮ることは少ないですが、幼い頃にはたくさんの家族写真を撮るのが一般的。

では、なぜパクボゴムさんには家族写真がないのでしょうか?

2016年に放送されたバラエティー番組『花より青春3〜アフリカ編〜』で、家族写真について言及したパクボゴムさん。

事業を行っていたお父様と共に、お母様も忙しく働いていたため、家族写真を撮る機会がなかったようです。

また、ご両親は子供たちの写真を撮ることを楽しみにしており、家にあるのは子供たちの写真ばかり

5人で一緒に家族写真を撮ったことはなく、韓国ドラマに登場するような額に入った大きな家族写真に憧れを抱いているのだとか。

家族写真の話をしながら、こらえきれず涙を流してしまうパクボゴムさん。

幼い頃には「いつでも撮れる」と思っていた家族写真も、今はお母様を亡くされたため5人で撮ることは出来ません。

パクボゴムさんがいつか結婚をされ、家族を持った日には素敵な家族写真をたくさん撮って欲しいですね。

パクボゴムのプロフィール

パクボゴムさんの身長体重やこれまでの出演作、家族構成や家族写真についてご紹介したところで、最後にパクボゴムさんのプロフィールを振り返ってみましょう。

名前:パク・ボゴム

ハングル表記:박보검

英語表記:Park Bo-gum

年齢:26歳 ※韓国では28歳

誕生日:1993年6月16日

出身:ソウル特別市陽川区

事務所:ブロッサムエンターテインメント

身長:182cm

体重:65kg

デビューのきっかけでもご紹介しましたが、パクボゴムさんは歌とピアノを得意としています。

2019年3月には日本で歌手デビューも果たしているほど、歌唱力が高いことで知られています。

その一方で、実はダンスが得意という一面も持っています。

今後、ドラマや映画などでダンスを披露されるかもしれませんね。

まとめ

  • パクボゴムさんの身長体重は182cm、65kg
  • パクボゴムさんの家族構成は父、姉、兄、自分の4人(母は死去)
  • パクボゴムさんには写真館で撮ったような家族写真がない

パクボゴムさんの身長体重、ハングル表記、現在の年齢、出身高校や大学、これまでのドラマや映画出演作やデビューのきっかけなどを調べたところ、上記のことが分かりました。

壮絶な家族エピソードを持っているパクボゴムさんですが、今後は新しい家族を作り、幸せな家庭を築いて欲しいと願っています。