ドラマ・映画

シャーロックドラマ月9最終回結末ネタバレ!原作あらすじと相違点は?

2019年10月の月曜21時からのドラマ「シャーロック」がスタートします。

このドラマの原作は、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズです。

原作の最終回は?ドラマ版月9の最終回は?気になる点についても調べました。

また、BBC版シャーロックのリメイクでは?といった意見もあるようですが、リメイクではないようです。

主演はディーン・フジオカさん、相棒役は岩田剛典さんが演じることが決定しています。

ぽぷコ
ぽぷコ
月9となると注目度高いですね!




シャーロックドラマ月9ドラマ最終回結末は?


フジテレビ月9ドラマ「シャーロック」は、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作であると明言しています。

そのため、原作である最終話を参考にすると思います。

原作のシャーロック・ホームズには最終回が3つあり、「最後の事件」「最後の挨拶」「シュスコム荘」の中のどれかがドラマ「シャーロック」の最終回ということになると思われます。

その3つの中でドラマ版「シャーロック」の参考になる可能性が高いのは「最後の事件」です。

ドラマ版の最終回は、劇的なものになることが予想されています。

シャーロック月9ドラマの原作は小説「シャーロック・ホームズ」シリーズ?

シャーロックの原作は、あの世界一有名な名探偵の物語「シャーロック・ホームズ」シリーズです。

月9ドラマのシャーロックは、令和の東京が舞台の現代版ストーリーになっています。

現在の日本の問題や背景を表す内容になるのではないでしょうか。

シャーロック・ホームズは、これまでに全世界で何度もドラマや映画化がされていますが、実際の原作を読んだことがなくても見応えがあり、楽しんで見ることができそうですね。

シャーロック月9ドラマはBBCのリメイク?


視聴者からは、

「ときどき無性にディーン・フジオカさんのドラマ見たくなる。早くシャーロックも見たいな。」

「岩田剛典さんがワトソンをやるという時点で自分はめちゃくちゃ期待しています。」

と言った期待の声が早くもSNS上で上がっています。

その一方で、

「BBC版シャーロックのリメイクじゃないの?」

といった意見もあるようです。

これに対しフジテレビは、

【「シャーロック」は「SHERLOCK」のリメイクではありません。原作は小説の「シャーロック・ホームズ」シリーズであり、これを基に令和の東京を舞台にストーリーが展開します。】

との回答をしていました。

あくまで、小説が原作でありBBC版シャーロックのリメイクではないようです。

しかし、この回答に対し

「ただの設定まるパクドラマじゃない?ロゴまでこんなBBC版に似せて悪意しか感じない。こんなまるパク企画に出る俳優陣も可愛そう」

「完全にコンセプトがBBC版と被る」

などの声が、、、。

制作側が違うと言ってはいるもののファンにとっては「SHERLOCK」のイメージが強いです。

主演のディーン・フジオカさんはプレッシャーが大きいとは思いますが、頑張っていただきたいです。

原作コナン・ドイル版シャーロック・ホームズの結末とは?

原作コナン・ドイル版シャーロック・ホームズの結末と言える「最終回」は3つ存在します

「最後の事件」(1回目の最終回)

「最後の事件」を、コナン・ドイルが書くことになった理由は、コナン・ドイル自身がホームズシリーズに飽きてしまい、作品を終わらせたくなったためと言われています。

それが「最後の事件」です。

そのため、ストーリーは急激に終わりに進むように書かれています。

「最後の事件」では、最後の敵として、ホームズの宿敵・モリアーティ教授が急に登場し、対決を繰り広げます。

結局、最終的にはこの作品でホームズは、モリアーティとの決闘の末に滝壺に2人で落ちてしまい死亡するというものでした。

「ホームズが死んだ」と直接書かなかったものの、読者にホームズの死を連想させ、この作品でシリーズを完結させたかったようです。

「最後の事件」が発表されると、この内容にしたコナン・ドイルは、批判や中傷を受けましたが、コナン・ドイルが作品を書くことはありませんでした。

しかし、ホームズを復活してほしいという多くのファンの声に応え「最後の事件」から9年後「空き家の冒険」というホームズシリーズの作品が発表されました。

つまり、この「最後の事件」は、厳密に言えばシャーロック・ホームズの最終回ではないということになります。

「最後の挨拶」 物語時系列の最終回

コナン・ドイルは、1903年に「空き家の冒険」でホームズシリーズを復活させますが、再び1971年に「最後の挨拶」という作品で、ホームズシリーズを完結させます。

この作品の中では、ホームズはすでに探偵業を引退していて、田舎で養蜂を営んで普通の暮らしを送っているという設定になっています。

相棒であるワトソンも出演していますが、ホームズは事件の捜査を行うことはなく、事実上探偵として活躍することはなくなります。

その後、シャーロック・ホームズの消息について描かれることはなく、ホームズ自身の結末については分からない状態のまま終わります

時系列で見たときに、この「最後の挨拶」が事実上の最終話となります。

「シュスコム荘」執筆の最終回

「最後の挨拶」以降の作品は、昔のことを思い起こす”回顧録”のようなスタイルで執筆されています。

その回顧録としての事件の最終話が「シュスコム荘」という作品で、これがコナン・ドイルが書いたシャーロック・ホームズシリーズ作品の中で、最後に書かれた作品になります。

原作における最終話は「最後の挨拶」

このように原作「シャーロック・ホームズ」には、最終回と言えるものが3作あります。

しかし、どの「最終回」においても、コナン・ドイルはシャーロック・ホームズの最後を明確に描いていません

コナン・ドイルは、シャーロック・ホームズの最後を抽象的に描きたかったのでしょう。

その結果として、シャーロック・ホームズは永遠の名探偵になることができているのかもしれません。

この原作の「最終回」を受けて、フジテレビ月9ドラマ「シャーロック」はどのようになるのか、とても楽しみです。



原作シャーロック・ホームズと月9ドラマシャーロックの相違点は?

フジテレビ月9ドラマ「シャーロック」は、コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズが原作であると明言しています。

3つの最終回のうち、「最後の事件」がドラマ版「シャーロック」でモチーフになると思われます。

ということは、原作のシャーロックの宿敵・モリアーティ教授が登場するのかシャーロックを追い詰めて共に爆破に巻き込まれるのか宿敵を打ち破るのかなど気になる点はいくつかあります。

ドラマ月9「シャーロック」の全話あらすじ


月9ドラマの「シャーロック」は、令和の東京が舞台の現代版ストーリーになっています。

犯罪捜査専門のコンサルタント、”シャーロック”と病院に勤務する精神科医の”ワトソン”が、数々の難事件に立ち向かいます。

ドラマ月9「シャーロック」1話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」2話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」3話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」4話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」5話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」6話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」7話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」8話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」9話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」10話

coming soon

ドラマ月9「シャーロック」最終話

coming soon

まとめ

  • 原作は、世界一有名な名探偵の物語「シャーロック・ホームズ」シリーズ。
  • 「SHERLOCK」のリメイクではない。