芸能人・有名人

ネイサンチェンの大学学部は?身長体重血液型プロフィールまとめ

羽生結弦選手と世界一を争うと目されるネイサンチェン選手。

そんなネイサンチェン選手はアメリカの名門イェール大学に入学し、学生とアスリートの二足のわらじを履いています。

ネイサンチェン選手がイェール大学の何学部で何を専攻して勉強しているのか、気になりますよね。

ネイサンチェン選手の大学での生活や大学卒業後の将来などをご紹介します。

ネイサンチェンの大学学部は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

ネイサンチェン選手は2018年秋にイェール大学に入学しています。

イェール大学はコネチカット州にあり、1701年創立の名門大学であり、アメリカ東部の名門大学群アイビー・リーグに所属する8大学のうちの1校でもあります。

イェール大学の卒業生には多数の著名人がいます。

政治家が特に多く、ビル・クリントン元大統領やジョージ・ブッシュ元大統領など有名政治家も多数排出しています。

スポーツ選手では2002年ソルトレイクシティオリンピック女子シングル金メダリストのサラ・ヒューズさんがフィギュアスケート引退後にイェール大学を卒業しています。

実は、イェール大学は卒業が難しい大学としても知られています。

そのため、ネイサンチェン選手は大学にフルタイムで通うため練習拠点をカリフォルニアから大学のあるコネチカット州に移しています。

次に、ネイサンチェン選手が入学した学部についても調べました。

イェール大学は日本の大学とは異なり「学部」という概念はありません。

そのため学部がどこ、ということはお伝えできませんが、ネイサンチェン選手は統計学とデータ科学を専攻しています。

アスリートが大学に通う場合、スポーツ科学やスポーツの歴史について専攻するケースが多いと思っていました。

ですのでネイサンチェン選手の統計学とデータ科学の専攻というのは少し驚きましたね。




ネイサンチェンは医者志望?

ネイサンチェン選手は統計学とデータ科学を専攻しており、現時点で医学の勉強をしているわけではありません。

ですが、ネイサンチェン選手は将来の医学部進学も視野に入れ、医学部に進学するための準備科目も履修しているそうです。

ネイサンチェン選手は父親が医学部を卒業した医療研究者母親が医学分野の翻訳家をしており、姉も医学部に進学しています。

そのため、ネイサンチェン選手は家族の影響も受け、医学部進学を志すようになったのではないかと思います。

今はフィギュアスケートがメインですが、ネイサンチェン選手はフィギュアスケートの引退後に医者になることを目標としているのではないでしょうか。

ネイサンチェンの身長体重は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

ネイサンチェン選手はそれほど身長が大きくは見えませんが、実際はどれくらいの身長なのでしょうか。

調べてみたところ、ネイサンチェン選手の身長は168cmということがわかりました。

これはアメリカ人の平均身長178cmやネイサンチェン選手の両親の母国である中国人の平均身長172cmを遥かに下回ります。

しかしながら、フィギュアスケートは比較的小柄な選手も身長に関係なく活躍する傾向があります。

日本の羽生結弦選手は172cmと平均程度の身長ですし、宇野昌磨選手に至っては158cmとかなり小柄です。

そう考えると、ネイサンチェン選手の168cmという身長がフィギュアスケートという競技を行ううえでのハンデとなることはあまりないと思われます。

ネイサンチェン選手の体重は調べてみましたが非公開のため、わかりませんでした。

ネイサンチェン選手の体重については今後情報が入り次第追記します。

ネイサンチェンの血液型は?

ネイサンチェン選手の血液型は公表されていないため不明です。

日本人は当たり前のように自分の血液型を知っていますが、アメリカ人は約半数が自分の血液型を知らないそうです。

そう考えると、ネイサンチェン選手は血液型を公表していないのではなく、知らない可能性もあります。

ネイサンチェン選手の血液型についても今後情報が入り次第追記します。

ネイサンチェンの国籍は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

ネイサンチェン選手はアメリカで生まれ育ち、国籍もアメリカです。

ネイサンチェン選手は見た目もアジア人のようですし、名前も「チャン」と、中国人にいそうな名前をしていますよね。

ネイサンチェン選手は国籍はアメリカなのですが、ルーツは中国にあり、両親が中国出身でアメリカに移住してからアメリカ国籍を取得しています。

そう考えるとネイサンチェン選手の外見についても納得できますよね。

ネイサンチェン選手は両親がアメリカ国籍を取得後にアメリカで生まれているので国籍もアメリカなのです。

アメリカとカナダで国籍は違いますが、2018年までフィギュアスケートで活躍していたパトリック・チャン選手も同様に両親が中国からの移民という似たルーツを持っています。

ちなみに、ネイサンチェン選手はアメリカで生まれ育ったため、英語は堪能ですが、逆に両親の母国の中国語はあまり得意ではないそうです。




ネイサンチェンの家族構成は?

ネイサンチェン選手にはアリスさんとジャニスさんという2人の姉と、トニーさんとコリンさんという2人の兄がいて、ネイサンチェン選手は末っ子になります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

ぽぷコ
ぽぷコ

5人兄弟なんて多くてびっくり!

兄2人はアイスホッケーをしており、姉2人はフィギュアスケートしていたそうです。

育ったた街が冬季オリンピックも開催されたこともあるソルトレイクシティということで、きっとスケート競技が盛んな地域だったのかもしれませんね。

ネイサンチェン選手がフィギュアスケートを始めたのもアイスホッケーをしていた兄の影響なのだそうです。

ネイサンチェン選手の兄と姉についてはアイスホッケーやフィギュアスケートで活躍したといった記録は特に残っていませんので、競技はすでに辞めてしまっていると思われます。

ぽぷコ
ぽぷコ

ネイサンチェン選手が家族みんなの期待を一身に背負っているのね!

というわけで、ネイサンチェン選手は父親、母親、兄2人、姉2人、ネイサンチェン選手の7人家族です。

ネイサンチェンプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nathan Chen(@nathanwchen)がシェアした投稿

生年月日:1999年5月5日
年齢:20歳(2019年11月24日現在)
血液型:型
出身地:ユタ州ソルトレイクシティ
学歴:イェール大学在学中

ネイサンチェン選手は3歳の頃にフィギュアスケートを始めました。

2010年に全米選手権ノービスクラスで優勝すると、翌2011年も同大会で優勝し連覇を達成しました。

2012年には全米選手権ジュニアクラスで優勝し2015年にジュニアグランプリファイナルでは金メダルを獲得しています。

2016-2017シーズンからはシニアに転向し、1年目にしてグランプリファイナルで銀メダル、四大陸選手権で金メダルを獲得しました。

2017-2018シーズンはグランプリファイナルで初制覇を果たし、世界選手権でも金メダルを獲得しましたが、平昌オリンピックではSPで全てのジャンプを失敗してしまい、5位入賞に終わっています。

2018-2019シーズンはイェール大学に進学し、通学をしながら練習を積むことを決意しました。

同シーズンには、グランプリファイナルで史上4人目の連覇を果たし、世界選手権でも連覇を果たしました。

まとめ

  • ネイサンチェン選手はイェール大学に入学し、統計学とデータ科学を専攻している。
  • ネイサンチェン選手は両親の影響を受け、将来医者になることを目指している。
  • ネイサンチェン選手の身長は168cm
  • ネイサンチェン選手はアメリカ国籍
  • ネイサンチェン選手は父親、母親、兄2人、姉2人の7人家族