芸能人・有名人

チェウシクの好きなタイプは?現在の彼女や結婚相手歴代彼女まとめ

2020年アカデミー賞を受賞したパラサイトで、ギウ役を演じたチェウシクさんを皆さんご存知ですか。

チェウシクさんは、韓国で数々の有名なドラマや映画に出演しており、その演技力がポンジュノ監督の目に留まり、パラサイトへの出演が決まるなど、演技力がとても凄い方です。

ということで、今回はチェウシクさんの好きなタイプ、彼女、結婚について調査してみました。

今後のチェウシクさんの活動にも期待していきたいですね。

ぽぷコ
ぽぷコ
パラサイトで話題になってるし、さらに人気出ちゃうねー

チェウシクの好きなタイプは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

チェ・ウシク可愛い💕 #チェ・ウシク

💧鰻🦁(@hareku10375)がシェアした投稿 –


チェウシクさんの好きなタイプについてですが、過去のインタビューで「コードがよく合い、言葉がよく通じて、清純なのにセクシーな女性」や「骨盤が大きい女性」が好きなタイプだと語っていました。

芸能人を例に挙げると、蒼井優さんやシンミナさんのような方がタイプなのだそうです。

蒼井優さんもシンミナさんも清純なイメージがありますが、その一方でセクシーな一面もあり、チェウシクさんはかわいい系よりセクシー系がタイプなのですね。

チェウシクさんはカナダ生まれですが、カナダに住んでいる時から日本のドラマと映画が好きだったそうで、好きなタイプである蒼井優さんが出演している「ホノカアボーイ」のような映画に出演できたらどれだけいいか、想像しただけでも幸せだと以前語っていました。

また、2014年に日本でファンミーティングを行った際には、好きな女性のタイプに「よく笑う人」という点も挙げていました。

シンミナさんも蒼井優さんもよく笑う方だなと思いますし、笑顔がとても素敵な方ですよね。

チェウシクの現在の彼女は?

チェウシクさんの現在の彼女についてですが、現在彼女がいるという噂は耳にしないため、現在彼女はいないと思われます



チェウシクの歴代彼女は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

ポイントは勿論、開襟のシャツから見える首もと、綺麗だけどちゃんと男性的な手と指です(真顔) * * 清潔感、透明感。白シャツに負けない感じね。 あんな小汚いとこで暮らす貧乏人の役をやってたとは思えないし同じ俳優に見えなくて未だにこの画像は彼なのかと疑ってるレベルです(笑) …顔面の作りの美しさでは無いねんなぁ、#岡田将生#真剣佑#吉沢亮#福士蒼汰#横浜流星 何か適当に顔面偏差値高杉くん達を挙げてみたけど、、この人たちをもってしても彼の方が魅力的に感じるのは何なんだろ、岡田将生くんとか昔から今もずーっと死ぬほど好きやのに!😂😂💋 * * 普通の人も、堕ちた人も、シリアルキラーも、何にでもなれるんだろうなこの人は。しかしながら、とにかくどうしようもない#チェウシク を観たい貴方は#パラサイト半地下の家族 を見てください😂💕🎥 何も詳細言えないけど、後半のベッドで笑ってる彼の演技にすべて持っていかれた🙁🙁🙁🙁 そのへんから何てそそられるんだ彼は!と思ってた自分がほんのり怖いけど、、でもやっぱりこうやって爽やかな写真みるとふつうに素敵で良かったです(何) …というわけで私のスマホのロック画面になりました←

kymayk(@ayk0801kym)がシェアした投稿 –


チェウシクさんの歴代の彼女についてですが、過去に彼女ではないかと噂された方はいますが、実際付き合っていたかどうかは不明です。

その彼女ではないかと噂された方は、女優のチョンヘソンさんです。

チェウシクさんとチョンヘソンさんは2014年の韓国ドラマ「傲慢と偏見」での共演をきっかけに、熱愛説が浮上していました。

このドラマで共演したチェミンスさんは、

2人はまるで恋愛をしているカップルのようだ。撮影現場でいつも2人でいなくなり、何かがあるみたいだ。ドラマが終わったら明らかになるだろう。

と語っていました。

同じ出演者やスタッフさんから見ても、2人がかなり仲良かったことが分かりますね。

チェウシクさんは1990年3月26日生まれで、チョンヘソンさんは1991年4月29日生まれということで、年齢差が1歳という点は、2人が親しくなる一因だったのかなと思います。

また「傲慢と偏見」の記者懇談会では、チョンヘソンさんがチェウシクさんに「わたしたち結婚しました」の出演を提案する場面も見られ、そのような事も言うことができる仲なのが分かりますね。

それほど仲が良い2人ですが、熱愛報道に対して2人は驚いた表情で否定をしていました。

チェウシクさんの歴代の彼女は特定できませんでしたが、過去に彼女がいたことは過去のインタビューから読み取ることができます。

2015年に「現場トークショーTAXI」に出演した際には、これまでの恋愛回数を聞かれると、

僕は1度付き合ったら長い。前の彼女とは5年続いた。

と話していました。

1度付き合ったら長いという点からかなり一途な方なのだと思いますし、歴代の彼女はそれほど多くないのかなと思います。

チェウシクの性格は?


チェウシクさんの性格についてですが、2015年のインタビューでは、自身の性格について

実際の性格は明るくて単純。面倒くさいのは嫌いだ。

と話していました。

他のインタビューにおいては、

撮影現場ではいたずら好きな少年。デビュー作の相棒のキャラクターが私の本来の性格と似通っていて、これが演技なのか演技でないのか区別がつかないほどだった。

と話していました。

そして

普段から性格は明るくて単純な方だ。朝寝坊で怠けたりもする。最近は家で犬だけと遊ぶ。以前はあちこち沢山歩き回っていたが、最近は休みの日は家でだらだらするのが1番楽だ。面倒なことが嫌いなため、それでデートができないのだと思う。

とも話していました。

また、2016年にKCON JAPANに出演をした際、2015年の初主演ドラマ「ホグの愛」についてのインタビューでは、ホグと性格が似ているところがあると話していました。

ホグの他の人に迷惑がかからないように、人のことをまず気にしてしまう性格が自分と似ていると感じたそうです。

また、他のインタビューでは

恋愛に失敗したことが本当に多い。ホグのように恋愛ができない。恋の駆け引きもできず、とてももどかしい。ホグと1番似ているのが恋愛の方だ。片思いもよくしたが、監督にどうすれば女の心をよく知ることができるかと相談したこともある。

と恋愛スタイルについても語っていました。

ホグは草食男子でしたが、チェウシクさんもどちらかというと草食男子だそうです。

チェウシクさんは明るい性格ということもあり、芸能界での友達はとても多いです。

休みの日には、パクソジュンさんや「屋根部屋のプリンス」で共演したチョンソグォンさん2AMのスロンさん3人と会って、一緒にお酒を飲みながら色々な話をして、ストレス解散をしているそうです。

特にパクソジュンさんとは週に何度も会う仲とのことで、パクソジュンさんが主演をした「サムマイウェイ」では特別出演をしていました。

パクソジュンさんのインスタグラムには2人のツーショット写真が投稿されており、2人はお互いの作品試写会に訪れたり、釜山旅行に行くなど、とても仲が良いのが伺えます。

またチェウシクさんは、パクソジュンさんを通じて、BTSのテヒョンさんとも交流があります。

BTSのライブにマネージャーを通さずに2人で見に行ったこともあるほど仲良しな関係です。



チェウシクの結婚の可能性は?

チェウシクさんの結婚の可能性についてですが、現在彼女がいるという噂を耳にしないため、結婚の可能性はまだなさそうです。

まとめ

  • 2020年アカデミー賞を受賞したパラサイトにギウ役で出演
  • 韓国で数々のドラマや映画に出演経験がある
  • ポンジュノ監督が目を留めるほどの演技力
  • 過去にチョンヘソンさんと熱愛報道があった
  • 性格は明るく、面倒なことが苦手
  • 恋愛経験はそれほど多くない
  • 現在彼女はいない
  • 結婚の可能性は現時点では低い

ということで、チェウシクさんの彼女事情や性格についてまとめてみました。

2020年アカデミー賞を受賞したパラサイトにギウ役で出演をしたことにより、さらに多くの方にチェウシクさんの名前が知られましたね。

その他にも、2016年に韓国で大ヒットした「新感染 ファイナル・エクスプレス」や、2010年には「トンイ」、2012年には「屋根部屋のプリンス」、2014年には「運命のように君を愛してる」、2017年には「サム、マイウェイ」など、数々の有名なドラマや映画に出演しています。

チェウシクさんは主人公役というよりも脇役が多かったですが、演技力で存在感をよく発揮していました。

2020年2月には「狩りの時間」という映画が公開され、チェウシクさんの新たな姿を見ることができるということで、多くの期待が集められていますね。

チェウシクさんは、2014年には釜山国際映画祭で「今年の俳優賞」、2015年には青龍映画賞で「新人男優賞」、2016年にはMAX MOVIE 最高の映画賞で「ライジングスター賞」、2017年には第22回 春史大賞映画祭で「特別人気賞」、2020年には全米映画俳優組合賞で「アンサンブル・キャスト賞」を受賞しており、この他にもこれまでに数々の賞を受賞してきています。

ポンジュノ監督が目に留めるほどの演技力の持ち主で、多くの方にもその演技力が認められていることが分かりますね。

チェウシクさんのこれからの活動にも是非注目していきたいですね。